人工絹糸レーヨンの特徴と誕生秘話

ニットラボ 編集部
ニットラボ 編集部

ame

こんにちは!!やっしーです♪

毎日毎日雨!雨!!雨!!!

と言うわけで、今回は雨にぬれても大丈夫な素材、、、、
再生繊維の王様レーヨンさんです!!!

 

スポンサードリンク



レーヨンの誕生秘話

レーヨンは人間の手で作り出された最初の化学繊維です。昔々、フランスのシャルドンネさんが人造絹糸としてパリの大博覧会に出品したら大好評だったことがその始まりです。それまで人は天然繊維に代わる人工の繊維を求めて、さまざまな努力を続けてきました。
とくにヨーロッパでシルクは同じ目方の金と交換されるほど高価な物だったそうで、何とかして絹の美しさを人間の手で作り出したい!!それが人々の夢でした。
レーヨン誕生にはこんな背景があったんですねぇ☆

 

レーヨンの特徴

人々が夢にまで見た人工繊維レーヨンの特徴は大きく2つあります。

【吸湿性が良い】
良く湿気を吸い、さらっとしているので下着や裏地、夏衣料によく使われます。
綿よりも優れているんです。

【染色性が良い】
様々な染料によく染まるので発色がとても鮮やかです。

夢の繊維も良い点ばかりではありません。

物性面で強度は無く、とくに濡れると著しく強度が低下します。比重が重いのでシワがよりやすいといった欠点があります。

レーヨンの種類

レーヨンには光沢加減で分けられるダルとブライトがあります。もともと強い光沢がある素材で、本来の光沢のままのものをブライト、反対に光沢を抑えたものをダルといいます。また、その程度に応じてセミダル(弱つや消し)やフルダル(超つやけし)があります。

 

ダルレーヨン

ダル

 

ブライトレーヨン

ブライト

 

 

まとめ

mori

レーヨンの原料は木材なので、もっとも天然繊維に近い化学繊維といえます。木が形を変えて再生する、、そこが再生繊維と言われるポイントなんですね♪
今では珍しさのかけらもないレーヨンさん、実は人間の努力が生んだ夢のような繊維だったんですね☆

因みに、レーヨンは海外ではビスコースとも呼ばれます。ビスコースとはレーヨンを作る時の中間生成物または製造方法のことです。

それでは、また次回もよろしくお願いいたします。

記事を書いた人

ニットラボ 編集部
ニットラボ 編集部

日本で一番ニットが好きな私たちが、ニットを楽しむための情報を発信しています。着て楽しむニット、編んで楽しむニット、見て楽しむニット、集って楽しむニット(編み物)などニットの楽しさはたくさんあります。

BLOG TOP