ポンポンで作る簡単クリスマスリース

服部 あいこ

12月になると、あちらこちらからクリスマスソングが流れてきますね。

気分の良いときにクリスマスソングを聞くと

さらにハッピーになれるところが好きです!

 

我が家はツリーや飾りはまだ出していないのですが、

皆さんのお家はいかがでしょうか?

アドベントカレンダーだけは11月の内に購入出来たので、

12月に入ってから、1日1つチョコを食べる毎日です。

 

おととしのクリスマスに、手作りのクリスマスリースを作っていたので、

その作り方をご紹介したいと思います。

 

編み物が出来なくても簡単に作れるリースです。

 

作り方は単純で簡単なのですが、毛糸のポンポンを

たくさん作る必要があるので、おうち時間にぴったりです。

クリスマス前の休日に時間のある方は

是非作ってみて下さいね。

 

 

スポンサードリンク

材料

・段ボール

・はさみ

・毛糸(太い方がやりやすかったです。)

・ポンポンメーカー

 (無くても作れる方法を後ほどご紹介します。)

・グルーガン(接着剤でもOKです。)

 

作り方

①まずは土台を作っていきます。

段ボールに丸を2つ描き、ドーナツ型に切り抜きます。

リースの巾は約5㎝程です。

完成イメージより1周り小さい円でカットしてください。

 

端がほつれないようにテープで補強しました。

 

段ボールは完成後表からは見えないのですが、

裏側も隠したい!という方は、布でくるんだり、

毛糸をぐるぐる巻きつけるのも良いかと思います。

 

 

②いろいろな大きさのポンポンを作ります。

一色だけではなく、2色をミックスさせて作ったり、

キラキラのラメ糸も引きそろえて作ると、クリスマス感UPです!

 

手芸用品店や100円ショップで売られているポンポンメーカーが

あると便利ですが、無くても大丈夫!

こちらのページでポンポンの作り方をたくさんご紹介しているので、

是非参考にしてみてくださいね。

 

 

こんな感じに仕上がりました!

赤べースのクリスマス感たっぷりの配色です。

 

落ち着いた色やトーンでまとめて、お部屋の雰囲気に合わせるのも

とても素敵だと思います!自分で色の組み合わせから決めてつくると

より愛着が湧いてきますよ~!

 

③組み立て作業

組み立てに使用したのはグルーガンです。

最近は100円ショップでも売っているグルーガン。

 

近所の100円ショップにはグルーの替えしか売っていなかったので、

グルーガン本体はユザワヤさんで購入しました。

何かを取り付けたいときに便利なので、重宝しています。

 

グルーガンが無い場合は接着材で代用してください。

 

組み立て方はとっても簡単です。

ポンポンの中心部分を探すように毛糸をかき分けて持ちます。

出来るだけ中心の結び目あたりに、グルーを付けていきます。

ちょっと多いかも?と思うくらいがちょうどよいです。

 

 

ギューッと置しつけて5秒ほどキープ!

あっという間にくっつきます!

土台の段ボールを隠すように、ポンポンの端を少し外側に

出しながら付けていきます。

 

手順はこれだけ!

あとは配置を考えながらポンポンをくっつけていきます。

  

完成

 

ラッピング用のリボンがあったので、飾りとして付けてみました。

土台が段ボールなので、穴を開ければ紐を通して

壁にかけることも出来ます!

 

今年の冬は、お家で過ごす時間がいつもよりも多くなりそうです。

ものづくりに没頭したい方にお勧めのポンポンリース

ポンポンつくりは子供でも作れるので、お子様と一緒に

ものづくりを楽しんでいただけたら嬉しいです。

もしよければ、暖かい部屋で作ってみて下さいね。

  

それではまた次回!

記事を書いた人

服部 あいこ

文化服装学院ニットデザイン科卒。編み物はもちろん、ワークショップや工芸体験などものづくりが好きです。よろしくお願いします!

BLOG TOP