さくさく編めて楽しい!多本取りのススメ

服部 あいこ

こんにちは。

先日の3連休に母校の文化祭に行ってきました。

卒業して1年半と少し経ちますが学生のパワーに刺激をもらってきました。

母校では1年に3回ほど、カウチンセーターの販売が行われています。

しかも、カナダで編まれた本物のカウチンセーターです。

決して安いものではありませんが、あのズッシリ暖かいカウチンの価値を考えると納得です。

いつか必ず手に入れたい品物です!!

 

目次

  • 多本取りのススメ
  • 多本取りのコツ
  • まとめ

 

スポンサードリンク



多本取りのススメ

冬は編み物の季節ですがみなさん捗っていますか?

私は編むのがのんびりなのにまだ編んでいない、このままでは春になってしまうかも…

と不安になっている方にお勧めしたいのが、多本取りです。

※他本取りとは、2本以上の糸を一緒に編むことです。

3本取り=3PLY(3プライ)と言ったりもします。

 

なぜおすすめかというと、単純に糸が太くなる分編み針の号数も大きくなり

さくさく編むことが出来るからです。

その分ローゲージになり、厚みも出ますが、暖かいので冬のニットにお勧めです。

今から編めば本当に寒い12月~2月に着ることができますね。

 

ただこの多本取りには少し手間がかかります。

例えば下記のようなことがあげられます。

①玉巻ではない場合(コーン巻のものなど)巻き替えが必要

②糸が綺麗に引き揃えられず編み目が汚くなってしまう。

③編んでいる最中、糸通しが絡まって編みにくい

 

今回は②③を解消する方法をご紹介します。

(①はごめんなさい!頑張って巻いてください…!

こちらで紹介しているよう玉巻き機があるととても便利です)

 

多本取りのコツ

2~4本取りの場合

このくらいの多本取りであれば、毛糸をなるべく低い位置に置き、

垂直に糸が出るように調整することでとても編みやすくなります。

机やソファーに座り、床に紙などを敷いてその上に毛糸を置くのがベストです!

 

5本以上の場合

先日16本取りでセーターを編んだのですが、その時に編みやすい方法を見つけました!

用意するのは、ビニール袋(ジップロック付きがベストです)とはさみだけ。

袋の中に毛糸を並べていきます。

糸口が同じ方向を向くようにしてください。

糸口の方を上にして、複数の毛糸の真ん中あたりにはさみを使って小さな穴をあけます。

その穴から糸を出してください。

毛糸が袋の中で移動しない程度に空気をぬいて、袋の口をとめたら完成です!

(普通のビニール袋の場合は、マスキングテープなどで止めてください。)

複数の糸口が一カ所にまとまることで、均一に引き揃えることができて、きれいな編地になります。

 

まとめ

先日16本取りで編んだ時は、8玉と8玉に分けてこの方法をやってみましたが、とても編みやすかったです。

ちなみにその時編んだセーターがこちら!

 

会社の展示会の際に作成しました。

カシミヤとセーブルの入った高級な糸を使用しているので、ふわっふわです。

15mmの棒針で編んでいるので編み時間は15時間もかかりませんでした。

皆さんもぜひ試してみてくださいね。

記事を書いた人

服部 あいこ

文化服装学院ニットデザイン科卒。編み物はもちろん、ワークショップや工芸体験などものづくりが好きです。よろしくお願いします!

BLOG TOP