手編みマフラーより簡単に編めるオシャレなスヌード

ニットラボ 編集部
ニットラボ 編集部

10

こんにちは、ニットラボの鈴木です。

暖冬と言われつつもすっかり寒くなり、マフラーや帽子などのニット小物が大活躍する時期ですね。
今年こそは手編みのマフラーに挑戦したいけど…という方の中に、こんな悩みをお持ちの方はいませんか?

・長いマフラーを編み切れるか不安

・難しい編み方ができないから、オシャレなマフラーに仕上がるか不安

・見るからに手編みのマフラー!というのはイヤ

・マフラーを編んでもオシャレに巻ける自信がない

などなど。このようなことが気になり、なかなか手編みのマフラーに踏み切れない方も多いのではないでしょうか。
私も難しい編み方はできないのですが、長ーいマフラーを基本の編み方だけで編んでキレイに仕上げる自信もありません。

そんな編み物に自信がない方、初心者の方、時間がない方でも、マフラーより簡単に編めるものがあるのです!
今日は簡単でオシャレなスヌードの編み方を紹介したいと思います。

スポンサードリンク



マフラーよりもスヌードをオススメする4つの理由

・マフラーよりも短い時間で編める

・基本の編み方だけでもオシャレに見える

・かぶるだけでオシャレに仕上がるので、巻き方に迷わない

・レディース・メンズに関係なく使える

用意するもの

・糸 2/16 100g (今回はカシミヤ・セーブル混の毛糸を使用しました)
・15号の棒針4本、または15号の輪針(40cm~推奨)
・かぎ針(目を綴じる際に使用します)
・とじ針 (糸始末に使用します)
・はさみ

1


「匠」輪針-S 40cm<15号>

ゲージ

ゲージを取ると目の大きさを揃えることができます。10cm四方で試し編みをします。10cm四方の編み地の中の目数と段数を数えます。パターンに記載の数字と合っていると、パターン通りの目数、段数で編むと、パターン通りのサイズに完成出来る目安になっています。
・かのこ編み…12目×16段
・2×2 リブ編み…12目×16段

作り方

1. 60目の作り目をします。

今回のように輪針を使用する場合は1目多く(=61目)作ります。

2
30目と31目に分けます。

3
作り目最後の1目を反対の針にかけることで、輪になります。
60目に戻すために、最初の目は2目一緒に編んでください。

※こうすることで、繋ぎ目が段差にならずに滑らかに仕上がります。

4


2. 2×2リブを50g分(約32段)編みます。

5

表目2目、裏目2目を繰り返してリブ編みをします。
厳密に32段でなくても大丈夫です。
今回は100gの糸を50gずつに分けて使用したので、段を気にせずに1玉編み切りました。


3.目を1目減らします。

6

リブ編み→かのこ編みに移る時に目を1目減らします。
※かのこ編みは表・裏を交互に編んでいくため、59目にして柄を合わせる必要があります。


4.かのこ編みを50g分(約32段)編みます。

7

表目1目、裏目1目、表目1目、裏目1目を繰り返して、かのこ編みをします。
こちらも厳密に32段でなくても大丈夫です。


5. かぎ針でとじます。

8

とじる時に1目ずつ増やしながらとじます。
こうすることで、編み終わりの目に伸縮性ができ、スヌードをかぶりやすくなります。
レシピには8/0号の鉤針使用とありますが、伸びた感じになってしまうな。という方は、7/0号・6/0号と小さい号数で行った方がキレイに仕上がります。
平らところにおいて、うねうねしないことがベストです。


5. とじ針で糸の始末をします。


Clover ニューカラー とじ針セット 3本セット 56-932


6. 仕上げにアイロンをかけて完成!

9

編目が潰れないように、アイロンを少し浮かしてスチームを当てながら形を整えてください。

12

「60ろくまる」キットのご紹介

今回は、老舗の毛糸屋である丸安毛糸㈱が新しく販売をスタートする手芸糸ブランド「60ろくまる」の編み物キットを使用しました。(キットには毛糸と編み方の説明書が入っています。※道具は含まれておりません。)
高級ブランドが認めた毛糸で編み物をすることができます!
「手編みを通じてもっと多くの人に楽しさを伝えたい」という編み物好きな社員の想いが込もった編み物キットです↓

11

 「60ろくまる」の編み物キットにご興味がある方は、60ろくまるネットショップで購入できます。使用したキット(上記写真)は、セーブルとカシミアで作る一生モノのスヌード 編み物キットです。
使用した毛糸は、セーブリッチ12 毛糸玉 50g/玉(カシミヤ80% セーブル20% 50g/65m)を2玉。サイズはユニセックス(男女共用)ですが、首に沿ったサイズになります。(※編み物キット及び、毛糸は完売しております。)
同じ作り方で、ふわふわのアルパカを使用した「空気を編むアルパカスヌード」の編み物キットは、現在も販売中です。ぜひ、編み物初心者の方におすすめです。
作り方は、こちらのブログでご紹介しています。

編み物初心者の方にオススメ!マフラーよりもすぐ編める「スヌード」の作り方。

「空気を編むアルパカスヌード」の編み物キットは、60ろくまるネットショップにて販売しております。(https://shop.60rokumaru.jp/

記事を書いた人

ニットラボ 編集部
ニットラボ 編集部

日本で一番ニットが好きな私たちが、ニットを楽しむための情報を発信しています。着て楽しむニット、編んで楽しむニット、見て楽しむニット、集って楽しむニット(編み物)などニットの楽しさはたくさんあります。

BLOG TOP