毛糸の刺繍で作る簡単手作りクリスマスカード

ニットラボ 編集部

1

こんにちは、ニットラボの鈴木です。

先週は会社の研修で大分の湯布院に行ってきました!
すっかり温泉が気持ち良い季節になりましたね~

そして11月も終わりに近付き、クリスマスの気配になってきました。
日本ではあまりクリスマスカードを送り合う習慣はありませんが、プレゼントをもらった時にカードが添えてあると嬉しさも増すような気がします。

ということで少し早いですが、今日は毛糸の刺繍で簡単に作れるクリスマスカードを紹介したいと思います!

スポンサードリンク



下書きをする

刺繍したい絵柄を鉛筆で下書きします。

3

 

太い糸を使えば下書きは隠れるので大丈夫です。
あまり複雑な模様にすると刺しにくくなるのでご注意ください。

 

針を刺す部分に穴を開ける

2

生地やニットに刺繍をする場合と異なり針が刺しにくいので、あらかじめ刺繍をしたい箇所に穴を開けておきます。

 

刺繍をする

4

開けた穴に刺繍をしていきます。
今回は細めの綴じ針を使用しました。

5

糸の端(裏側)は玉止めなどはせずにテープで留めてしまってOKです。

6

チクチク10分くらいで完成です。

 

裏に白紙の紙を貼る

7

裏側があまりキレイではないので、両面テープで白い紙を貼って隠してしまいましょう。
もし裏側にメッセージを入れたい場合は先に書いてから貼った方が書きやすいです。

 

完成!

8

簡単に手作りメッセージカードが完成しました。
(クリスマスのスタンプがあったので押してみました。)

簡単にできるのに手が込んでいるように見えるので、もらった人にも喜ばれること間違いなしです!
編み物をした後に余った糸でもできるので、ぜひ試してみてくださいね。

それでは♪

記事を書いた人

ニットラボ 編集部

日本で一番ニットが好きな私たちが、ニットを楽しむための情報を発信しています。着て楽しむニット、編んで楽しむニット、見て楽しむニット、集って楽しむニット(編み物)などニットの楽しさはたくさんあります。

BLOG TOP