ハイゲージ?ローゲージ?セーターのゲージについてのお話し

向山 利ノ絵
向山 利ノ絵

栗

あれまつむしが~泣~いている~
チンチロチンチロチンチロリン~♪

あ~れ~すずむしも~♪

旬の栗を手に入れたものの手間がかかる事に気が付き調理出来ていない向山です。

 

店頭にはニット製品が沢山で並んでいてショッピングも楽しい時期ですね。
先日販売員さんからもセーターをみていると、これはハイゲージの商品であーでーこーでとこの商品はとても良いと説明を受けました。

ローゲージ?ハイゲージ?確かに耳にするけれどなんですの~?という方も多いのではないでしょうか?

簡単に言うとざっくり編まれたセーターはローゲージ、編み目の細かいものはハイゲージになります.

大きく分けると
ローゲージニット、ミドルゲージニット、ハイゲージニットと3種類に分類されます。

ローゲージ
太い糸でざっくり編まれた下記のようなセーターやカウチンになります。
手編みのセーターはローゲージになります。
柄を入れると模様が際立ちますね。
柔らかい雰囲気や、カジュアルな雰囲気になります。

DSC_1313

ミドルゲージ
ローゲージとハイゲージの中間のもの
DSC_1316

ハイゲージニット
細い糸で編まれた薄手のニット
厚くならず、さらっと綺麗に着こなせ、カジュアルにもなり過ぎず着こなし易いですね。

DSC_1315 (1)

 

これからの季節に取り入れるセーターのご参考にしていただければ幸いです。

 

それではまたよろしくお願いします。

記事を書いた人

向山 利ノ絵
向山 利ノ絵

ニットの仕事に就いていた事を活かしながら、編み物の魅力 アイディア マニアックな事まで発信できていけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

BLOG TOP