2色で作る作り目

Avatar photo
向山 利ノ絵
2色で作る作り目(通常版)
チェーンステッチが表に出る作り目の作り方

棒針の編み出し

今回は2色で作る作り目を2種類ご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

2色で作る作り目(通常版)

1番最初は下記のようにループを作ってから棒針にかけます。
この目は後で解くので目数に入れません。

一般的な作り目を作ります

2色を使い交互に作り目を作ります。

※糸を交互に交換する際には同じ取り方になるようにしてください。

作り目が出来たら、ベース糸で編みます。
最初のループの作り目は解きます。

【表からみたところ

【裏からみたところ

伏せ目も2色を使って伏せることが可能です。

チェーンステッチが表に出る作り目の作り方

※糸の操作などちょっとコツが必要な編み方です。

編み方

1,それぞれの棒針に糸を結びつけます

2,B色で表目を編み編んだまま針から外さず、A色をB色に被せる

このようになります

3,糸を手前に出します

4,次に、A色をB色の下を通してから右針にかけ目をして、左の目をA色で表目を編みます。

 
 

右の目に3目ある状態になります。

5,次に右の端の目を左の棒針に移します。

そして、A色を手前に出します。

6,次は、B色をA色の下を通してから右針にかけ目をして、左の目をB色で表目を編みます。
表目で編んだ目を左の棒針へ移して、B色の糸を手前にだす・・・・・2色交互に繰り返します。



チェーンステッチのような作り目が出来ます


チェーンステッチの作り目は少しコツも要りますが、

ボーダーの編み出しや配色使いでアクセントに、編地に凹凸もでるので編み地に表情も生まれます。
ちょっと面白いテクニックなので是非お試しください。

それではまたよろしくお願いします。

記事を書いた人

Avatar photo
向山 利ノ絵

ニットの仕事に就いていた事を活かしながら、編み物の魅力 アイディア マニアックな事まで発信できていけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

BLOG TOP