shepley yarnで編む靴下

中井 チコ

こんにちは。
中井チコです。

夏の間に冬の靴下を編む事が毎年の恒例になっています。

真夏に編み物は暑苦しいと感じるときでさえ、なぜか靴下はサクサク編めてしまいます。

埼玉はもう初夏の気温になり
今年も靴下を編み始めました。

毛糸は、私の靴下の編み物キットでも使用している、shepley yarn(シープレーヤーン)。

 

この糸はお気に入りです。

風合いと丈夫さと、何より
編み上がりの目地の整い方が良質さを見せつけてくれる毛糸です。

細い糸ながら、膨らみがいいのです。

 

もちろん原料の羊毛が上質という事なのですが、撚りのかけ方のおかげでもあります。

 

シープレーヤーンは梳毛(そもう)紡績という、工程にちょっと手間が必要な撚り方で作られています。

 

梳毛とは読んで字のごとく、梳(くしけず)った毛のことで、
糸を紡いだ事がある方なら知ってるかも知れませんが、
短い繊維を取り除き一方向に揃え、その長い方向に撚りを入れた糸のことです。

 

梳毛紡績は、毛羽の少ない引き締まった、太さの均一な糸で細番手が多い。

 

シープレーヤーンはウエアにも最適ですが、まさに靴下に向いていると思います。

 

私の編み物キットでも使用している糸です。

靴下のキットは、
気がついたら編めていた!というコンセプトのもと作られていますので、
靴下編みが初めての方、苦手な方に是非編んでいただきたいキットです。

キットは「60ろくまるネットショップ」サイトでご購入いただけます。

 

また、シープレーヤーンを使った靴下の編み方をYoutubeにアップロードしましたので、
糸をご購入いただいて、動画を見ながら編むこともできます。(中井チコyoutubeチャンネル

 

私のYoutubeをご覧いただくには、インスタグラム @cico.nakai のプロフィールのアドレスをタップしてください。

 

紙面を見ながらのほうが自分のペースで編めるのでオススメですが、
キットを購入したものの紙面は分かりにくいと思った方には、動画はオススメです。

ちょっと早い?(笑)冬支度、始めてみませんか‎(^^)

記事を書いた人

中井 チコ

独学のニットデザイナー。
編み物と出会ったのは、
37歳で紫外線アレルギーを発症し、室内で楽しめる編み物をしたら?と友人に勧められた事がキッカケでした。あの日以来、編み物は私のライフワークになっています。

BLOG TOP