初心者のためのかぎ針編みの始め方|バック細編み

赤石 菜々子
赤石 菜々子

 

こんにちは、赤石です。

 

かぎ針編みの基礎の編み方、今回は、『バック細編み』の編み方を説明します。

 

スポンサードリンク



バック細編みとは?

バック細編みは、縁取りをするときによく使われます。

細編みよりも伸びにくく、しっかりと編め、見た目も編み地を全体的に包んだ感じになるので、縁取りにピッタリです。

 

バック細編みの編み方

棒針などの編み地の端は伸びやすく頼りないですよね。
特に衿ぐりなどあまり伸びすぎたくないところに編みつけてみます。

 

バック細編みは、その名前の通り、細編みと逆方向へ編んでいきます。
細編みは右から左へですが、バック細編みは左から右へ。

 

1目目は細編みを編みます。

 

次は、右隣に針をいれて、、、

 

糸をひっかけてすくいます。

 

次は、細編みと同じように糸をかけて引き抜きます。

これで1目が完成しました。

 

同じ様に続けていきます。

 

一通り編むとこんな感じ。

密度が高くなり、細いブレードみたいな感じになります。

 

まとめ

写真はちょっとガタガタしてしまいました。

綺麗に見えるように、出来るだけ並行に編み付ける事と、本体と同じ糸か、少し太い糸で編むと隙間も出にくくて良いかもしれません。

 

伸び止めや飾りとして試してみてくださいね。

記事を書いた人

赤石 菜々子
赤石 菜々子

ニットラボの赤石です。
ニットと糸を作る会社で働いています。
奥が深くて、楽しいニットのことを書いていくので、楽しんでもらえたらと思います。

BLOG TOP