暑い夏に大活躍の「扇子」カバーをかぎ針で編んでみませんか?

IMG_0463-1

8月に入りセミの声が響き、ますます暑い日が続いてますが、皆さん夏バテしてませんか?

暑いのは辛いのですが、キーンと冷えたビールが一段と美味しく、それを楽しみに暑い夏を耐えているお酒好きのヒロエです。

週末の花火大会、お祭りで浴衣を着ている姿を見かけると、日本の夏の風物詩、素敵だなぁ~と暑い気分が少し和らぎます。

着ている方はとっても暑そうですが…(^^

そんな浴衣の時や、通勤の時にも活躍するのが、折り畳めて携帯に便利な扇子です!!

パタパタと扇ぐと涼しいですよね♪

今では100均でも買えますが、カバーがないと、バックのなかで、破れたりするので、かぎ針で編めるカバーを今回紹介します。

 

細編みで下の部分はしっかりと編みます。

前回ルームシューズを編んで残っていた、夏糸で編みました。

巾2cm位の袋を編むので、太い糸ではなく、少し細い糸の方が良いと思います。

鎖編みで作りめをして、その周りをくるくると細編みします。

四角は1目に2目の細編みを編んで2段増し目をして下さい。

20150802_230502

 

 

2段以外は増し目無しで同じ目数で編みます。

2cm位下部分はしっかりさせたいので細編みで編みました。

IMG_0460-1_20150802230800848

 

 

ベース部分は長編みで編みます。

細編み1目に長編み3目、2目飛ばして1目に長編み3目編んで扇編みを繰り返して1段編みます。

 

 

1段編み終わったら、2段目の立ち上がりの鎖編みを3目編みます。

IMG_0446

 

 

扇編みと扇編みの間に1段目とずらして編んでください。

IMG_0448

 

 

扇子の丈より少し長いところまで編み終わったら、2段細編みを編みます。

IMG_0454-2

 

上の部分は左右結べる用にします。

目数の半分の10目を結べる用に丈10cm位細編みで1目まで減らします。

IMG_0455-1

 

 

反対側も同じように編んでください。

IMG_0457-1

 

中に扇子を入れて、左右の紐を結んだら出来上がりです(^∇^)

IMG_0459-1

 

目と目の間があいて透けているので、涼しげに仕上がりました。

男性用を編む場合は、細編みでボーダーもお勧めです!

これからまだ、暑い日が続くので、扇子で少しでも涼しくお過ごし下さいませ\(^o^)/

The following two tabs change content below.
廣江 幸子

廣江 幸子

ニットラボのヒロエです。 文化服装学院でニットを学び、糸とニット製品を作る会社で働いてます。 ブログをきっかけに、久しぶりに手編みをしたら楽しくて、簡単ニット小物にはまり中~♪ ブログを見て、ニットに興味をもって頂けると嬉しいです(*^^*)

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket