ニットが大好きな人たちが書くブログです♪

赤石 菜々子
赤石 菜々子

ニット好きな人たちが書くブログです♪

スポンサードリンク



あいさつ

こんにちは、ニットラボのブログを覗いてくださってありがとうございます。

私たちは、ニット用の糸と、ニットの服を作っている会社で働いています。

セーターから帽子や靴下、バックの小物、アクセサリー、ちょっとした飾りなんかにも、あなたの周りに必ずあって、そんなニット作りのお手伝いをしています。

ニットって言っても、糸の種類から、編み方の種類からとってもたくさんあって奥が深いんです!

このブログは、そんなニットに囲まれて毎日を過ごしているニット好きによるニット好きのためのブログです♪

 

今回の記事を書かせてもらっている私は、ニットラボの赤石といいます。

よろしくお願いします!

畦編が好きです!

さてさて、自己紹介がてら、好きなニットの編地を紹介します!

t02200293_0240032012590574691
こちら!畦編
アゼ あみ と読みます。

厚みがあって、編み目がはっきりした特徴的な編地です。
 
t02200293_0240032012590574692
冬のニットによく見かける気がしますが、
モヘアなどの毛羽感がある糸で編むと軽くてものすごく暖かい。

厚みがあるので、空気を多く閉じ込めてあったかいんですね~

セーターにするとこんな感じに、ふんわりとしたシルエットで、ダレ感が少ないのが特徴です。
t02200293_0641085412590878159

ストレートなシルエットに向いてる編地です。 逆に体に沿わせるようなデザインだと太って見えちゃうんですね。

t02200293_0321042712590574693

もちろん素材によって違いますけど、編地が詰まっていて凹凸感があって、さわり心地も好きです。

畦編ニットいろいろ

t02200293_0321042712590878158
太番手の糸だとすごく表情がでますよね~

この凹凸と厚みが好きなので、同じ感じで鹿の子編みも好きです。
t02200293_0480064012590880340

畦編よりも目がポコポコ出てくる鹿の子マフラー
こういう編地は、スカスカではなくて、ちょっと詰まっているくらいの方が表情が出てきます。 ただ、糸は、軽いものがベスト。 編地が詰まる分、重たくなりやすいので、モヘアとかリリヤーンとかが良いですね~

まとめ


季節感は無視しましたが・・・
冬になると必ず出てくる畦編。 やっぱりかわいいなぁ・・・ と思って今クローゼット見たら自分では一枚も持って無かったです(笑)
自分でもびっくり。
今年はゲットしたいです!     こんな感じで少しでもブログを読んでニットに興味を持ってくれる人が増えたらいいな~と思ってブログを更新していますので、またぜひ覗いてみてくれるとうれしいです♪ ではでは!



sd

記事を書いた人

赤石 菜々子
赤石 菜々子

ニットラボの赤石です。
ニットと糸を作る会社で働いています。
奥が深くて、楽しいニットのことを書いていくので、楽しんでもらえたらと思います。

BLOG TOP