刺繍糸を使って トルコの伝統レース トゥーオヤ のピアス

向山 利ノ絵


15-10-22-17-07-10-850_deco先日上野東京国立博物館で開催されているアート オブ ブルガリ展に行ってきました。
見たことの無い豪華な宝石に目の保養をしてきました向山です。

11月29日(日)まで開館しているようですのでご興味のある方は是非。

 

以前トルコのお土産に頂いてとても気に入って ネックレスに使用しています。
とても繊細に出来ていて こればトルコの伝統レース トゥーオヤというもので、
イスラムを信教するトルコの女性は髪の毛を隠す為にスカーフを被る習慣がありその縁に飾りつけられたりする伝統手芸の1つだそうです。
トゥーというのは鈎針という意味
オヤはこの飾りを総称してオヤと言うそうです。

DSC_1423

実際は細くて発色の良いポリエステル糸を使うそうですが、
トゥ―オヤからヒントを得て安易に手に入る刺繍糸でモチーフを一つ編めば出来るピアスを作ってみました。

刺繍糸は6本で形成されているので6本を3本に分けて使用しました。
レース針も必需品です。

鈎針

鈎針2
モチーフを1つ編めば良いのですが、糸が細いので繊細な作業になります。
ピアスを取りつけて、少しさみしかったのでビーズも付け足してみました。

15-10-22-13-08-39-632_deco 15-10-22-13-05-33-430_deco

 

糸を変えば繊細な物も出来ますね。
洋服に合わせて色々な色やモチーフで作ってお洒落を楽しみたいと思います。

ではまたよろしくお願いいたします。

記事を書いた人

向山 利ノ絵

ニットの仕事に就いていた事を活かしながら、編み物の魅力 アイディア マニアックな事まで発信できていけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

BLOG TOP