同じ糸を使っていても、糸に撚糸があるか無いかで見え方がこんなにも変わります!!

向山 利ノ絵

DSC_1179月が~出た出た 月が~出た~アヨイヨイ♪
最近は太い眉毛に憧れて眉毛を太目に描いていますが、お昼すぎにはほぼ消えている向山です。

先日ご紹介しましたねじりっこで撚糸をした糸を使って、同じ糸でも引き揃えと撚糸した糸で編むとどのような見え方の違いがあるか簡単にご説明をしたいと思います。

先日の撚糸機’’ねじりっこ’’のブログはこちらhttps://www.knitlabo.jp/blog/3127

●上の糸が3本を引き揃えた状態

●下の糸は3本を撚糸した状態
DSC_1198

●上の糸が3本を引き揃え編み中

●下の糸は3本を撚糸した糸を編み中
引き揃え編んでいる写真撚糸編んでいる写真


編み上がった編地をみてみると
●引き揃えた方は横にボーダーぽく3色の糸が出たり入ったりして見え方が一定ではありませんね。

●撚糸をした糸は色がミックスされて見え方が一定ですね。
引き揃え編地の見え方

元は同じ糸で同じ色を使用しているのに、糸の使い方でこんなみ見え方が変わってくるんですね。

セーターにしたらきっと印象が変わり別物に見えると思います。
引き揃えはモヘアなどの毛羽のある毛糸で引き揃えるとヘアリーになっておススメです。逆に撚糸すると毛羽が出なくなりヘアリーで無くなってしまうなんてこともあります。
素材の特性を良く知って使うと同じ糸でも良い物が出来ますね。

これから編みものをされる方、ご自分で撚糸するのは大変ですが撚糸された糸は沢山売っていますので是非ご参考下さい。

 

ではまたよろしくお願い致します。

記事を書いた人

向山 利ノ絵

ニットの仕事に就いていた事を活かしながら、編み物の魅力 アイディア マニアックな事まで発信できていけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

BLOG TOP