2022年秋 新作編み物キットのご紹介 ベビーアルパカで編むふわふわマフラー「甘夏花」

Avatar photo
60 ろくまる

こんにちは、大久保です。10月に入り編み物の季節がやってきました。2022年10月11日~に新作編み物キットをネットショップで販売いたします。

今回ご初回するのは、ふわふわのベビーアルパカの毛糸で編むマフラー「甘夏花」です。

スポンサードリンク

甘夏の花がモチーフ

甘夏とは夏みかんの品種です。甘夏の花を見たことはありますか?
5月の初旬に咲き始め、ジャスミンのような香りがするそうです。
甘夏の花は、白くて小さくて、かわいい花が咲きます。そんな素朴で可憐な花をモチーフにしています。

モチーフ編みは、模様が出来上がると達成感があるので、編んでいてとても楽しいです。

甘夏の花

使用する糸はベビーアルパカのタムタムヤーン

使用する糸の名前は”マリア” ベビーアルパカの毛糸です。
ベビーアルパカの優しい手触りは、編んでいる間も心地いと好評で、他の編み物キットでも使用されています。(「無花果」「ルミエール」使用)

糸の形状は、タムタムヤーンといい、ループをつくってからループを引っ掻き毛羽にします。

タムタムヤーンを作るのによく使用されるのはハリがあってしなやかな、モヘアかアルパカの毛です。適度なハリがないと毛羽が立たなくなりますし、ハリだけだと固くて、手触りが良くありません。

モヘアの毛は光沢があって、ハリがあるのが特徴で、アルパカは、ぬめりのある柔らかな風合いが特徴です。

”マリア”の毛糸は、アルパカの中でもベビーアルパカの毛を使用しているので、より柔らかくふわふわです。

まだ、触ったことない方にはぜひ触って、これがベビーアルパカだよというのを知って頂きたいです。

毛羽のあるモヘアみたいな糸は絡んで苦手という方にも、ベビーアルパカはぬめりがあるので、絡むのが少ないです。

マフラーにもショールにもなる丁度いいサイズ感

サイズはマフラーとしても使用できる長さですが、幅も広くあるんでショールとしても使えます。

明るめの色を5色

色は、明るめの色を5色ご用意しています。
暗くなりがち秋冬ファッションのコーディネートのアクセントにもなります。そして、まだまだ寒い春先まで使用できる色です。一番人気は、ラベンダーですね。

2022年10月11日 ネットショップにて販売スタート

60ろくまるネットショップにて発売をスタートします。(https://shop.60rokumaru.jp/

60ろくまるネットショップ

実物を見て購入されたいという方は、イベントへ

実物を見て触って確認したいという方には、イベントへお越しくださいませ。

次回のイベントは、「イトマ!」2022年11月4日~5日がございます。イトマでは、限定カラーも発売するかもしれません。(イトマ!公式サイトURL https://www.tezukuritown.com/nv/c/citoma/

記事を書いた人

Avatar photo
60 ろくまる

「編み物の楽しさをもっと多くの人に広めたい」丸安毛糸が創立60周年にスタートした編み物キット、手芸糸のブランド”60ろくまる”。
編み物ワークショップや販売会、イベント情報をお届けします。

BLOG TOP