リバーシブル編み メリヤス編

向山 利ノ絵


メリヤス編みで編む
リバーシブルに編み上がる編み方のご紹介です

倍の目数を棒針にかけるテクニックを使い、編んでいくとリバーシブルに編みあがるのが楽しい編み方です

それではさっそく、編み方をご説明します

スポンサードリンク

リバーシブル編みの編み方

ベースの糸(黄緑色)で作り目を作ります。

作り目の目数は、必要な目数×2+2目
例:20目のマフラーを作る場合 40目+2目(端の目)=42目作り目が必要になります。

作り目を作り終えたら、配色糸(ベージュ)を用意し編む準備をします。


糸の置き方がポイントになります。
ベースの糸(黄緑色)を左側にくるように配置し編んでいきます

※両端の目は2色の糸を揃えて表目編みをします。


最初の1目(端目)は2色の糸を揃えて表目編みをし、

次の目はベースの糸で表目を編みます

さらに次の目は配色糸で裏目を編みます

最後の目(端目)は2色揃えて表編みします。

1段編み終えると下記のようになります。

次の段も同じように編みますが糸の配置がポイントになります。

今度は、配色糸が左側にくるように配置します。

両端の目は2色揃えて表目編みをし、

配色糸を今度は表目、ベースの糸を裏目編みします。

編み終えるとこのようになります。


編み進めていくうちにリバーシブルに編みあがってきます。
<表からみた編地>

<裏からみた編地>

伏せは
ベースの糸を使い、下記のように伏せ目します。

好みの模様を入れたりと応用し楽しめる編み方なので、次回またご紹介したいと思います。

それではまたよろしくお願いいたします。

記事を書いた人

向山 利ノ絵

ニットの仕事に就いていた事を活かしながら、編み物の魅力 アイディア マニアックな事まで発信できていけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

BLOG TOP