安福段ボール 編み物 編んだあとの、仕上げ方。洗い方。

大久保 千聖

こんにちは。大久保です。ニット製品の最終工程には「洗い」の工程があります。専門用語で「ソーピング」「縮絨(しゅくじゅう)」と言います。編み物用語では「水通し(みずとおし)」と言われたりします。

私も学生の時は、大事に大事に作った作品を洗うなんで発想はありませんでした。ですが、ニット業界では、仕上げに洗う工程は必須です。洗うだけの専門工場もあります。
丸安福段ボールの糸は、工業の糸なので、洗う工程は必須になります。特にウール系の糸は、洗うことによって、風合いがとてもよくなりますよ。洗わないなんで、もったいないです。

この記事では、「洗い」の工程について、ご紹介します。

丸安福段ボールの中に入っていた「スノードーム」は洗いが必須です。

なぜ、「洗い」が必要なのか

工業の糸、特にウール系の糸を紡績(糸にする)ときに必要なのが”オイル=油”です。ウール=羊の毛にはもともと油分が含まれていますが、紡績する段階で油分を均等に保つ=品質の安定のためにオイルを使用します。

もちろん、糸にする前の羊の毛は洗っていますが、もともと繊維に含まれている油分のことです。

この紡績の油が出来上がった糸にも付着しています。この油分のおかげで糸の感想をふせぎ機械などで編むときに編みやすくしてくれています。ですが、この油があると、ウール本来の毛の柔らかさが半減しています。なので、洗いの工程で、この油分を洗い流すことが必要になってきます。

手編みの場合は、手編み中にたくさんかいたであろう汗なども洗い落す目的もあります。

そして、油分を取り除き、トリートメントをします。このトリートメント=柔軟剤も風合いをよくする大切な工程です。

人のシャンプー&トリートメントと同じです。何日も洗っていない髪の毛よりも洗い立て、トリートメント仕立ての髪の毛はキレイでやわらかいですよね。

準備するもの

準備するものは、手洗いする道具や洗剤と同じでOKです。

・タライ(洗面ボール)

・中性洗剤(エマールやアクロンなど)

・柔軟剤(お好みで。中性洗剤には柔軟剤が含まれています。)

・たっぷりの湯

・洗濯機(脱水時に使用)

私は、洗面所の洗面ボールをタライがわりに使用しています。タライをお持ちの方はお風呂場で作業されるといいかと思います。

洗い工程

作品が編みあがりました!洗いの工程をご紹介します。

①アイロン・・まずは、仕上げのアイロンをしてください。蒸気アイロンです。蒸気をたっぷりと当てましょう。当てることによって、ウールの毛がリラックスしてこの後の工程をすんなり受け入れてくれます。

髪の毛も洗う前に櫛で梳かすと泡立ちがよくなるように、アイロンをかけると毛並みが整うので、浸透しやすくなりますよ。アイロンは櫛でとかす工程と一緒です。

②予洗い・・・37~40℃のお湯で30分〜1時間程度、漬け込みます。

人の体温は、約36度なので、自分と同じ温度かちょっと暖かいくらいがいいです。この温度だと皮脂などの油汚れが落ちる温度でもあります。ゆっくりと漬け込みをします。

※この漬け込みが重要です。この工程を怠ると毛玉になりやすくなったり、洗剤が浸透しにくかったりしますよ!

③本洗い・・・ここで洗剤を投入します。油分が多い糸は、洗剤を入れた瞬間に油汚れが「わっ」と出てきます。これは、よく洗剤が浸透した証拠です。②の予洗いの効果です。

3回くらい押し洗いをします。こすったり、絞ったりせずに優しく優しく押してください。

④すすぎ・・・お湯の汚れがなくなるまで、お湯を変えてすすいでください。

※柔軟剤を使用される方は、すすぎのあとに、柔軟剤を入れて柔軟剤の説明書通りの時間浸透させてください。
柔軟剤のあとは、すすぎをしないでくださいね。柔軟剤の効果がなくなります・・・。

⑤脱水・・・洗濯機を使用する場合は、ネットに入れて30秒くらいでOKです。手で絞るとその部分だけ伸びてしまう恐れがあるので、私はネットにいれての脱水機をおすすめします。それでも心配の方は、手で軽く押して水気を切ってさらにタオルで水気を吸い取ってあげましょう。

⑥乾燥・・・乾燥は部屋干しがおすすめです。脱水でついたしわを伸ばして干してください。
ニット用のネットの上に置いて干してあげてもいいですね。

スポンサードリンク




物干しネット 3段 平干しネット 衣類変形防止 ニット干し 平置きネット折りたたみ収納 防風

レース柄など、ブロッキングが必要な場合は整形させてから乾燥させて下さいね。

毛をふわっとさせたい場合(毛足が長い糸を使用)には、完全に乾いてからタンブラー乾燥をすると、中に入りこんだ毛が出てくるのでオススメです。

⑦仕上げアイロン・・・乾いたあとに仕上げの蒸気アイロンをします。

仕上げアイロンには、クッション(ヌードクッション)を使用するときれいに仕上がりますよ。

ニットのアイロンにはアイロン台よりもクッションがオススメ!

 

プロの方も行っている工程ですので、ぜひ試してみてくださいね。
洗うのは少し、勇気がいるかもしれませんが、洗う前を後での手触りは驚くほど違います~。

記事を書いた人

大久保 千聖

文化服装学院ニット科卒。ニットの会社で働いています。
小さいころから、編み物が好きです。編み物って楽しいですよね。編み物の楽しさを多くの方に知って頂き、編み物の楽しさを広めたい!と手芸ブランド「60ろくまる」をスタートしました。趣味はもちろん編み物。ほかにステンドグラスを作ったり、頻繁に旅行に出かけます。

BLOG TOP