浴衣にもおすすめ|木の持ち手が付いたニットバック

こんにちは

梅雨に入り毎日外に出るのが億劫ですが、その後に待っているのは夏!

暑いのはあまり得意ではありませんが、楽しみなこともたくさんあります。

 

その1つがお祭りです。

お祭りと言えば浴衣を着て行かれる方も多いですよね。

ここ数年着ていませんが、今年こそ…と思いネットで浴衣を探しています。

 

以前作ったニットバックが和装にも合いそうなデザインなので、ご紹介しようと思います。

 

細編みと長編みのみで作った、裂き編みバックです。

裂き編みに使った布で裏地もつけています。

出来上がり寸法

バック口:20cm

縦:16cm(持ち手含まず)

持ち手:12.5cm×8cm

底のマチ:11cm直径の円

 

 

底はクラフト糸(今回は,エコアンダリアを使用しました。)で編んでいます。

こうすることで、より夏らしくなったことと軽さを出すことが出来ました。

裂き編みの小物はどうしても重くなりがちなので、一部に軽い糸を使うのも良いですよ。

 

底:円形編みで好きな大きさに編んでいきます。

今回は、直径11cmに編みました。

クラフト糸を編むときは、細めのかぎ針できつめに編んだ方が

型崩れを起こしにくいです。

 

周りは裂き編みの糸に変えて編みます。

増減産無しで、細編みで目を拾っていきます。

ズパゲッティなどを使用してもOKですが、今回は綿100cm平織の布を1.5cm幅に裂いて使っています。

薄手の布の方が裂きやすく編みやすいです。

 

着なくなったTシャツなどを切って使うこともできます。

 

いろんな布を使って、ボーダー状にしていますが、

色を切り替えるタイミング次第でいろんなデザインになりますね。

ツートーンカラーや、配色無しでつくるのもかわいいと思います!

 

7cm分細編みを編んだところで、1段長編みを入れています。

その後は、細編み・長編みを交互に、3セット編みます。

 

最後に細編みをもう一段編んで、本体は完成です。

 

この後は、

木の持ち手を細編みで編み包みながらつける

糸始末をする

裏地を付ける

という3工程で完成となりますが、続きは次回のブログで紹介したいと思います。

 

ちなみに、木の持ち手ですが、手芸用品を売っているお店にて取扱いされていることが多いです。

(オカダヤさん、ユザワヤさんなど)

いろんな種類の持ち手が売られていますので、お気に入りの持ち手を探してみてください。

 

それではまた次回~~

The following two tabs change content below.
服部あいこ

服部あいこ

文化服装学院ニットデザイン科卒。編み物はもちろん、ワークショップや工芸体験などものづくりが好きです。よろしくお願いします!

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket