*

アイリッシュスピリットのHerdmansリネン!

 

皆さんこんにちは~(^O^)/

楽しいゴールデンウィークも終わって次は夏休みまで長期休暇はお預けですね~!

私のゴールデンウィークは毎年恒例の田植えの為、田舎でハードワークをこなしています。今年は3月、4月が寒かったので苗の成長が遅くて例年より若干田植の時期がずれていました。(因みに私の田舎の農業は世界遺産に登録されています!!)

 

皆さん如何ですか?自然って本当に綺麗ですよね!!

 

では本題に入りま~す。

自然と言えばナチュラル。ナチュラルと言えばこれからのの時季はリネンだと思いませんか???
今回はリネンとそれに合った手編の逸品を紹介したいと思います!

目次

  • 目次1.Herdmansリネン
  • 目次2.いちごショール
  • まとめ

1.Herdmansリネン

英国にあるHredmans(ハードマンズ)社は1835年の北アルランド.ベルファストに遡ります。
1世紀半に亘り欧米をはじめ世界中に最高級のリネンを提供してきた伝統あるリネンのメーカーです。

Hredmans(ハードマンズ)リネンは経験豊富なアイリッシュスピリットを持つ職人の手によって丹念に紡ぎ出されており
欧州を代表する天然繊維として世界中で高い評価を得ております。

 

 

2.いちごショール

このHredmans(ハードマンズ)リネンを使って考え出された逸品が「いちごショール」です!!

従来のリネンは硬くてゴワゴワしているので首回りはチクチクして苦手と言う方が多かったと思います。
しかし、Hredmans(ハードマンズ)リネンはとても柔らかくて驚く程の光沢があり、麻は苦手と言う方にもお勧めです。

 

 

いちごショールはこのHredmans(ハードマンズ)リネンを上手く使っていちご柄を立体的に表現しています。

 

 

この「いちごショール」の柄は他の素材で編んでも良い雰囲気になります。是非、他の糸でもトライしてみて下さ~い!(綿カシミヤのリリヤーン糸)

 

まとめ

これからの夏に向けてHredmans(ハードマンズ)リネンで「いちごショール」は如何でしょうか??(60ろくまる編み物教室はこんな感じです)
60ろくまるのサイトはこちら→www.60rokumaru.jp/

ではまた~!!

 

 

 

The following two tabs change content below.
織田博史

織田博史

Knit大好きLove Knit~(^^)/&Golfも大好きEnjoy Golf~(^^)/  好きなことを思いっきり楽しんで行きたいと思っていま~す。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • facebook
  • Instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ニット帽子 おさえておきたい作りのポイント

急に寒くなりをクローゼットからセーターを引っ張り出している方も多いので

かぎ針で作る、細編みくるみかごバック|Part.1

  こんにちは、赤石です。 最近100円均一シリーズ

編み物本のアイテムを自分サイズで編む

  はじめまして。新しくニットラボのメンバーになりました小

結ぶだけで簡単に出来る シャギーラグ

こんにちは日が暮れるのが早くなりましたね。早めに冬支度を始めています

ニットの編地でつくるオリジナル包み釦

  こんにちは、赤石です。 週末髪を切りましたが、周