マフラーの巻き方|簡単でおしゃれな巻き方 基本編5選

11

こんにちは、鈴木です。
日に日に寒さが増して秋らしい気候になってきましたね。
風邪が冷たい日はマフラーを巻く機会も増えてきますが、「オシャレな巻き方が分からない」「いつも同じ巻き方になってしまう」というお悩みはありませんか?
今日は誰でも簡単にできるオススメのマフラーの巻き方(基本編)をご紹介します!

目次

  • 首にかけるだけ
  • クロス巻き
  • 一周巻き
  • 後ろ結び
  • ワンループ巻き
  • “60ろくまる”キットのマフラーについて

 

首にかけるだけ

1

ザ・シンプルな使い方です。
防寒のためというよりは、ファッションのアクセントとしてこのような使い方をする人が多いと思います。
長めのマフラーだと大人っぽく仕上がりますよ。

クロス巻き

2

3

こちらもシンプルな巻き方です。
首からかけたマフラーの片方を後ろに回すだけです。
大判のマフラーは縦向きに半分に折ってから巻くとスッキリと仕上がります。

一周巻き

4

定番の巻き方でとても簡単です。
ポイントはきつく巻くのではなく少しゆったりと巻くことです。

5

このように後ろに向かって一周巻きすれば前から見た姿がスッキリと仕上がります。

後ろ結び

6

8

そこからさらに端を結べば、コンパクトで可愛い印象に仕上がりますよ。
動いてもほどけにくいので、自転車に乗る時などにオススメの方法です。
長めのマフラーの場合は二重に巻いてから結んでもOK。

ワンループ巻き

こちらも定番の巻き方。マフラーを半分に折って首にかけます。

9

輪の部分にもう一方の端を入れ込めば完成。

10

フォーマルな服装にもよく合う巻き方です。スーツにも合うのでメンズにもオススメです!

“60ろくまる”キットのマフラーについて

12

 

こちらのブログで使用した「ハチの巣」柄のマフラーは”60ろくまる”の編み物キットで販売しています。
とても柔らかくて暖かいマフラーなので、ご興味のある方はぜひ覗いてみてください!

“60ろくまる”キットについてのブログはこちら
“60ろくまる”のネットショップはこちら

The following two tabs change content below.
ニットラボ 編集部

ニットラボ 編集部

日本で一番ニットが好きな私たちが、ニットを楽しむための情報を発信しています。着て楽しむニット、編んで楽しむニット、見て楽しむニット、集って楽しむニット(編み物)などニットの楽しさはたくさんあります。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket