暑い夏に最適!かごバックを編んでプレゼントしました。

20150531_235904

こんにちは、ニットラボのヒロエです。

先日編んだクラッチバックを見て、可愛い~こんな麻バック欲しかったと言ってくれたので、前回使用したベージュと新しく買った、黒糸とボーダーでかごバッグを編みました。

 

 

底の部分を編みます。

鉤針の鎖編みで作り目をします。

20150531_182940

 

 

鎖編みの周りをグルグルと編んでいきます。

20150531_183848

 

 

今回底部分を丸く編むために、両端で毎段増し目をして大きくしていきます。

丸くしたいので、増し目をする位置をずらしました。

四角くしたい場合は、角の4カ所の同じ所で増し目をして下さい。

20150531_191512

 

 

側面を編みます。

底の部分は毎段増し目をして大きくしていきましたが、側面は増し目をしないで真っ直ぐ編みます。

20150531_195322

 

 

5段編んだら黒の糸に色をかえます。

20150531_195342

 

 

同じ麻紐の黒糸とベージュの糸を3段ずつ交互に色を切り替えて編みます。

20150531_223113

 

 

持ち手部分を編みます。

前と後ろの中心部分に印を付けます。20150531_223107

 

 

手持ち部分に印を付けます。

20150531_224017

 

 

持ち手にする部分は細編みをしないで、鎖編みをします。

11目編まない目に対して、持ち手になる鎖編みは間があいて、持ちやすいようにプラスして13目編みました。

20150531_225235

 

 

次の段からはまた同じようにグルグルと細編みで編みます。

20150531_230207

 

 

バックの口まで編んで、出ている糸を見えないようにしまったら出来上がりです(^_^)

底からグルグルと輪で編んだので、底や脇を縫う必要が無いから簡単でした〜

横にA4サイズの雑誌も入れられる大きさに仕上がりました★

20150601_013400

 

 

 

手作りの物をプレゼントする時って、渡す相手の事を思い、色を決めたり、大きさも考えたりしながら編むので、気にいって使ってくれると嬉しいな^ ^

暑い夏は革バック持ちたくないな(^^; と言う方には、麻紐バックはお薦めです♪

それでは、また次回よろしくお願い致します。

The following two tabs change content below.
廣江 幸子

廣江 幸子

ニットラボのヒロエです。 文化服装学院でニットを学び、糸とニット製品を作る会社で働いてます。 ブログをきっかけに、久しぶりに手編みをしたら楽しくて、簡単ニット小物にはまり中~♪ ブログを見て、ニットに興味をもって頂けると嬉しいです(*^^*)

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket