色々使える毛糸でボンボンの作り方&活用例

20141124_212255_20141124221351592

こんにちは、ニットラボのヒロエです(^ ^)

前回マフラーを作った糸が残ったので、お揃いのニッの帽子を編みました~

真っ直ぐ編んで編み終わりをギュッと絞るニット帽にしたら寂しかったので、ボンボンを付けました。

簡単に作れて、色々使える毛糸でボンボンの作り方を紹介します。

 

毛糸でボンボンの作り方

①厚紙にグルグルと糸を巻く。

20141124_170134

 

 

②厚紙から外して、中心を紐で結ぶ。

20141124_170705

 

 

③両端の輪になっている所を、ハサミで切る。

20141124_170923

 

 

④丸くなるようにハサミでカットする。

20141124_171115

20141124_212255 短くすると密度が詰まっているので、綺麗な丸に成ります。(写真右)

あまりカットしないで、毛足を長く残すのも、味があって可愛いですよ~(写真左)

作るもの、付けるものによって変えてみるのも良いですね(^^)

 

ボンボンを帽子に付けました。

①今回は簡単に直ぐ編める1×1リブ(表目~裏目)で真っ直ぐ編み。

20141124_212222_20141124220821577

 

 

②脇をリブ接ぎして、編み終わりの目を1目飛ばしに目に糸を通して最後にギュッと絞る。

20141124_214155

 

 

 

③絞った先にボンボンを止め付ける。

20141124_221532

 

 

ボンボンの活用

ボンボンにゴムを通して、髪留めにしたり、キーフォルダーにしたり、アレンジしてマスコットにも出来るんですよ~
簡単で可愛いので、今度紹介させてもらいますね(^o^)

以前、ニットラボブログの高橋さんもクリスマスデコレーションに使ってました。
今からクリスマスシーズン、是非作ってみてはいかがでしょうか★

こちら

IMG_1814

糸の種類や色を変えて楽しんでみて下さいね~(^_−)−☆

 

 

 

The following two tabs change content below.
廣江 幸子

廣江 幸子

ニットラボのヒロエです。 文化服装学院でニットを学び、糸とニット製品を作る会社で働いてます。 ブログをきっかけに、久しぶりに手編みをしたら楽しくて、簡単ニット小物にはまり中~♪ ブログを見て、ニットに興味をもって頂けると嬉しいです(*^^*)

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket