マクラメ編み初心者が作る 空き瓶で簡単ハンキング

向山 利ノ絵
向山 利ノ絵

紐の結び目で様々な模様を作りだす技法を マクラメといいます。
ベルトやブレスレットなどの小物だったり 身近なものにも良く使われている「マクラメ」のテクニック!!

準備が大変なのでは!? 紐がたくさん必要!? など とても難しそうなイメージでした。


編み物とはまた違う編み目ができる マクラメには興味があったので、まずは 結び方を1つ覚え 短時間で簡単に出来る 空き瓶を使ったハンキングを作ってみたいと思います。








まず、空き瓶と紐、を用意します。

マクラメの基本のテクニックの中から ’’左上ねじり結び’’という結びかたで作成したいと思います。


紐2本を用意します。
ホームセンターなどで販売している荷造り用の麻紐を使いました。

紐2本の内の 1本は編んでいく紐になるので 少し長めにカットします。今回は2メートルでカットし輪にしました。もう1本は芯する紐なので必要な長さ+α用意しこちらも輪にして使用します。

左上ねじり結び

1、まず、ビンの口に紐を巻き 下記のように輪に糸を通してキュッと引き締め 準備完了です。


2、左上ねじり結びに入ります。
※両サイドの糸が結んでいく糸になり、中心の2本は芯になります。

結び紐を下記のように 数字の4の字のように置きます

3.右側の紐を左の輪の下をくぐらせ手前に出す。
結んでいる紐をバランスよくキューっと引くと、左上ねじり結び目が1回出来ました。

4、 2.3を繰り返します。
結んでいく内に ねじれていきます。
結び目は押し上げながら詰めていくと綺麗な結び目に仕上がります。

5、 好みの長さまで結び終えたら最後の仕上げです。

最後は輪にしたいので 残りの糸を輪にしてぐるぐる巻きつけます。
とじ針で糸端を中に入れて糸始末をしたら完成です。

この仕上げ方も’’まとめ結び’’という束ねた紐を1本の糸でぐるぐると巻いてまとめる方法があるようです。
マクラメのテクニックになりますので気になる方はまとめ結びをご参照ください。

出来上がり

早速 生花を入れて飾りました。

小瓶やジャムの空き瓶、ちょつとお花を生けるのにちょうど良いんですよね。

難しそうと思っていたマクラメでしたが、結び方を1つ覚えただけで 簡単に らしい物が出来ました。

また 挑戦してみたいと思います。


それではまたお願いします。


記事を書いた人

向山 利ノ絵
向山 利ノ絵

ニットの仕事に就いていた事を活かしながら、編み物の魅力 アイディア マニアックな事まで発信できていけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

BLOG TOP