編むのが楽しくなる編み物道具 棒針のリメイク

向山 利ノ絵
向山 利ノ絵


こけしが好きということで
以前、棒針の形を活かして こけしを描きました。

編んでいる時も、スタンバイしているときも楽しい気持ちにしてくれる道具になり

密かにこけしの棒針が普及するのではともくろみながら 。。。年月が経ち

描いた絵は薄くなってしまった為 書き直しをしました。

それと、棒針の脇に明記されている号数の印字された文字が消えてしまっているものがあり
号数が何号かと目を細めては時間を費やしていたので
号数がすぐ分かるようにし サイズを明記し使い易くしてみたいと思います。


●用意するのは棒針とアクリル絵の具と筆(細かい線も描けるような細さの物)

以前描いた薄くなっていた絵も 少し削り落として準備OK



アクリル絵の具は発色も良く 色々な素材に描けるのも魅力的な画材道具
乾くのも早いので使った後は手早く片付けることをおススメします。


ジャンボ針には こけしを描き直し

他の棒針にも絵を描き足し

号数の印字が消えてしまっていた棒針には 上からみて号数が分かるように数字を書き込みました。 玉に色も付けたのですぐにペアでサイズが同じことが分かるようになりました‼

使い易く愛着の持てる道具が増えました。

工夫したことで、見つけやすくもなり使う機会が楽しみになりそうです。

絵を描く機会も少なくなり、いざ何を描こうかなどと迷ってしまいましたが、絵の具を出したり 筆を洗うなどの動作が懐かしくなり 作業に集中してしまいました。たまに同心に帰るのも良いものですね。

それでは またよろしくお願いします。

記事を書いた人

向山 利ノ絵
向山 利ノ絵

ニットの仕事に就いていた事を活かしながら、編み物の魅力 アイディア マニアックな事まで発信できていけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

BLOG TOP