*

家庭編み機のメンテナンス 針押さえを簡単に交換する方法

 

家庭用編み機。
昭和30~40年頃に花嫁道具として使われていた家庭で使える編機です。当時は習いに通われて使われた事のある方も多いと思います。重くて場所も取るので何十年も使わずにしまっている方も多いと思います。
最近、編み機を出したので編み機を使うようにしています。
一度しまってしまうと、しまいっぱなしか、次に出すのには気合いが必要になるんですよね。

 

編機の針の下に入っている ”針押さえ”  スポンジの弾力で針が浮かないようにしている物なのですが
これは使っているとスポンジがへこんでしまい、交換が必要です。

2つの編み機の針押さえを出してみました。見事にぺったんこです。。。

この白いテープの下にスポンジがあるのですが、
恐る恐るスポンジをみてみるとボロボロに劣化していました。。。。。写真は控えさせていただきます。

 

こちらの部品を変える必要があるのですが、私のもっているブラザー社の編み機は2004年に撤退しており数年前は購入出来ましたが、現在は販売しているかも定かではありません。

 

 

作れるようなので実践してみました。

用意するもの

●隙間テープ ※10mm厚さ、10mm巾位のものを使いましたが幅が太く2mm位はさみでカットしました。お値段は98円程度でした。
●両面テープ ※テープが剥がせるように貼って剥がせるタイプにしました。無くても大丈夫です。

テープの下にあった劣化したスポンジを取り出し、隙間テープを挟みます。
スポンジと白いテープの間に両面テープを貼り付けつけても良いのですが、所々貼り白いテープがずれない程度でもよいと思います。

 

 

 

なんということでしょう
みなれた針押さえがふっくらと変わりました。

比べてみると違いが一目瞭然ですね。

そして編み機に戻します。針を押さえながら入れると入れやすいですよ。

 

10~30年くらい使わずにしまわれている方も多いと思います。
ちょっと気になったかたは思い切って出されてみては如何でしょうか? 部品などはオークションサイトでも売れる可能性もありますよ。
機械なので油をさしたりとメンテナンスをしてこれからも長く使いたいと思います。

それではまたよろしくお願いいたします。

 

 

The following two tabs change content below.
向山

向山

こんにちは 趣味は土いじり毛糸と自然をこよなく愛する向山です。 よろしくお願いいたします。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • facebook
  • Instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
かぎ針 手編みの帽子 仕上げ工程で綺麗な形に

こんにちは! 先日までお盆休みをいただき、地元に帰省をしてきまし

ガーター編み 端の始末の仕方

アルパカさんも今年の夏は暑いと感じていそうな顔に見えました。 さて、

まるやす夏市、ありがとうございました。

こんにちは、赤石です。   先週末、毛糸とニットの大

コンニャク加工糸で暑い夏を乗り切ろう

  こんにちは~。皆さんお元気ですか?私は口を開けば「

夏こそボーダー!かぎ針の、色の切り替え方

こんにちは。 夏でも冬でもボーダーが大好きですが、 やっぱり夏