クリスマスリースを毛糸で作りましょう!その②

こんばんは!

本格的に寒くなり、街中もクリスマス感が日に日に強くなってきました!

前回のブログで取り上げた、毛糸のポンポンで作るクリスマスリースの作り方、完結版です。

 

目次

  • 組み立て
  • 完成
  • まとめ

 

組み立て

前回は、材料の準備までを紹介しました。

組み立てに使うのは、グルーガンです。

使ったことが無い方も、これをきっかけに使って見るのも良いと思います。

というのも、グルーガンは汎用性が高く、仕上がりも綺麗です。

手についてしまってもすぐに取れますし、比較的すぐに接着できますよ!

 

組み立ての方法はとっても簡単。

ポンポンの中心を探すように毛をかき分けます。

出来るだけ中心(結び目)のあたりに、ちょっと多いかな?というくらいのグルーをつけます。

ぎゅーっと押し付けて5秒ほどキープ!

あっという間にくっつきました。

ドライフラワーのリースを作りに行ったときに教えていただいた付け方を応用しました!

ポイントは、中心につけることと、ぎゅーっと押し付けることです。

 

完成

後は、好きなバランスにポンポンをつけて完成です!

配色を考えながらつけていく作業が楽しかったです。

100ショップで購入した飾りをつけたらかわいくなりました~

 

まとめ

一緒に写っている赤い編地は、メリヤス編みの編地があったので白い糸で縁取りをしたものです。

並太くらいの糸を2本取りにして、鉤針のリング編みをつけました!

ツリーの下に敷いたりしてつかえそうです!

 

(私は、羊さんに着せるためにつくりました!通称:お父さんヒツジです。)

 

いかがでしたでしょうか?

ツリーは出したけど、もう少しクリスマス感をだしたーい!という方、是非作ってみてください!

それではまた次回!

The following two tabs change content below.
服部あいこ

服部あいこ

文化服装学院ニットデザイン科卒。編み物はもちろん、ワークショップや工芸体験などものづくりが好きです。よろしくお願いします!

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket