子供も一緒に楽しめる。余った糸で簡単に作れるクリスマスのオーナメント

 

だんだん寒くなって、街のあちこちで、イルミネーションを目にする機会も増えてきました。
クリスマスを連想させるアイテムも目にするとワクワクしますね。

前回のブログではそんなクリスマスシーズンにピッタリのクリスマスカードを作りました。
前回のブログ「毛糸の刺繍で作る簡単手作りクリスマスカード」

その時に使った糸が余っていたので、今回はその延長でクリスマスのオーナメント作りをしたいと思います。
小さなお子様がいらっしゃる方も一緒にできる簡単な作り方なので、親子で楽しむこともできますよ。

厚紙を準備

まずは、厚紙を準備します。色画用紙でも画用紙に色を塗ったり、色紙をつけるなど厚紙なら何でもOKです。
私は手元に色紙がなかったので、エクセルをペイントしてプリンターで厚紙に印刷しました。

1

 

糸を縫い付ける

糸を通したい箇所に穴を開け、綴じ針などで糸を通していきます。
詳しい作り方は前回のブログ「毛糸の刺繍で作る簡単手作りクリスマスカード 」をご覧ください。

2

こんな感じで仕上がりました。
パンチで穴を空けて通してもOK。

6

 

穴を開けない方法もあります

きりや綴じ針など、尖ったものをまだ使えないお子様などと作る時は、端にハサミで切込みを入れて下さい。
切り込みに糸を引っ掻けて、模様を作ります。

3
この方法だと糸をグルグル巻きつけるだけなので、簡単にできますよ。

4

 

いろいろな柄で楽しんでください

台紙の形や糸の通し方など、アイデア次第でいろいろなオーナメントができます。

5
クリスマスのオーナメントだけでなく、プレゼントに添える飾りなどにも使えますよ。

余った糸の使い道で悩んでいる方は、ぜひこの機会にぜひ試してみてくださいね。
透明なプラスチック素材やラメ糸を使うと、大人っぽい雰囲気を出すことが出来ます。

糸を使うと、暖かな雰囲気を出すことができるなと思いました。
ぜひみんなでクリスマスの飾りづくりを楽しんでいただけるとさらに、思いで深いクリスマスになると思います。

The following two tabs change content below.
ニットラボ 編集部

ニットラボ 編集部

日本で一番ニットが好きな私たちが、ニットを楽しむための情報を発信しています。着て楽しむニット、編んで楽しむニット、見て楽しむニット、集って楽しむニット(編み物)などニットの楽しさはたくさんあります。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね