500%以上伸びる繊維ポリウレタンとは 

船

こんにちわ。やっしーです!!

皆さんワンピースって漫画はご存知ですか?僕はその漫画が大好きなんです。
【ゴムゴムの実】という食べると全身ゴム人間になってしまう悪魔の実を食べた少年が仲間を集めて大冒険するという内容です。

えっっ!ゴム??ゴムといえば伸縮性、伸縮性に優れた素材といえば、、、そうです。。

 

ポリウレタン!!

 

です。今回はポリウレタンとはいったいどういった素材なのか?!紐解いていきます♪

 

ポリウレタンとは

ゴムのように500%以上も伸びる唯一の弾性繊維で、1959年にアメリカで生産が始まりました。因みにアメリカではスパンデックスと呼ばれています。
衣服に利用する用途は伸縮性を機能として持たせたものや革製品に似せた合成皮革のコーティング、その他に生地と生地を縫わずに接着樹脂として利用するなどです。

ポリウレタンの寿命は2年

寿命??どういうこと?!

衣服にストレッチを持たせたりするのに大活躍のポリウレタンですが、大きな弱点を持っています。その弱点とは寿命です。
衣服で利用されるポリウレタンという素材は、体脂や空気中の水分、大気ガス、熱、紫外線などの影響を受け、時間と共に少しずつ分解されていってしまうという避けられない弱点を持っています。
こうした現象を【経時劣化】と呼びます。これは大体2~3年と言われていますが、使用状況によっては更に短くなることも、、、、、

なので、ポリウレタン素材は着なくとも、劣化していくものと理解しておくことが大切ですね。

 

ポリウレタンのメリットとは

経時劣化だけが特徴じゃありません。ポリウレタンは優れた素材であるという部分を伸縮性の代名詞ゴムと比較して説明します。

ゴムより伸縮性が大きいので、伸縮性を生かしての製品や混紡することで伸縮性のある繊維を作ることが出来ます。ゴムより細い繊維が作れるため、汎用性が広がります。ゴムは染色が出来ないが、ポリウレタンは自由に染色が可能。

スパンデックス

衣服には重要なポイントです。
更にゴムより強度が強くゴムの450%~800%の強度があります。丈夫ですね~♪

まとめ

ポリウレタンは衣服にストレッチを持たせたり、皮をコーティングするのには欠かせない素材です。なのでポリウレタンの【経時劣化】という特徴と上手に付き合っていきたいですね。
どの素材にもメリットとデメリットがあります。それを知る事で扱い方が変わってお気に入りの服を長く着られるんですね。

ではまた次回よろしくお願いいたします★

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
ニットラボ 編集部

ニットラボ 編集部

日本で一番ニットが好きな私たちが、ニットを楽しむための情報を発信しています。着て楽しむニット、編んで楽しむニット、見て楽しむニット、集って楽しむニット(編み物)などニットの楽しさはたくさんあります。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね