もうからまない!毛糸の巻きなおし方

こんにちは、ニットラボの赤石です。

寒くなってきて、編み物の季節ですね。
手芸屋さんでも毛糸が増えてきたように思います。
さて、毛糸玉といえば、このイメージ強いですよね。
糸を外側から使う状態で巻かれた毛糸玉
t02200220_0500050012867512717
使い切らなった糸とか、こんな風に巻きなおしておく人も多いかと思います。
でも実際、この状態って、編むとき毛糸玉がコロコロ動いちゃって邪魔!なんてことないですか??
糸を外側へ重ねてぐるぐる巻くのって時間もかかるし結構大変。
でも中途半端に残った糸はそのままにしておくと潰れるし絡まっちゃいますよね。
そんなときに使える超簡単な毛糸の巻き直し方をご紹介します!

道具は何も必要ありません

必要なのは、自分の手だけ★
まず、中指に糸端を巻きつけます。

t02200293_0800106712867510125

 

人差し指と親指の間を通して手の甲側へ

t02200293_0800106712867510126

 

 

親指にひっかけて手のひら側へまわし、薬指と小指の間を通して手の甲側へ

t02200293_0800106712867508977
小指にひっかけて手のひら側へ

t02200293_0800106712867508979

 

 

これの繰り返しだけ
t02200293_0800106712867510127

 

きつく巻くと手が苦しくなってくるので注意!

 

 からまない&糸を組み合わせるのに使える!

こうすると、絡まらずに毛糸玉の内側から糸を引き出す事が出来ます。
(中指に絡めた糸が編み始めの糸端です。)
あと編み物をするとき、糸を何本取りかにして編みたい、他の糸と合わせて編みたいってとき、
それぞれの糸を始めに合わせてまき直しちゃうと後がとっても楽チンですよ
t02200165_0800060012867506266

 

学生のときに初めて習ったのがこれでした。

慣れるまではちょっと大変かも。。。
でもこれは慣れればとっても速くできます!
自分ができても人がやってるのを見るととどうなってるか分からない(笑
因みにこれは比較的少ない量を巻くときのやり方なのですが、陵が多い場合はまた別の巻き方があります。
それは次回ご紹介したいと思います。
ではでは、
The following two tabs change content below.
赤石 菜々子

赤石 菜々子

ニットラボの赤石です。 ニットと糸を作る会社で働いています。 奥が深くて、楽しいニットのことを書いていくので、楽しんでもらえたらと思います。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね