*

木の持ち手の編み包み方|裂き編みニットバック完成編

前回のブログで木の持ち手が付いた、裂き編みのニットバックを紹介しました。

今回は、本体の編立後、持ち手付け~裏地付けについて書きたいと思います。

 

 

目次

  • 持ち手の付け方
  • 裏地の付け方
  • 完成

 

 

持ち手の付け方

持ち手を付けたい位置を確認し、表から見て、右側から編み包んでいきます。

左手で、持ち手と編地を合わせて持ちます。

一段下の目にかぎ針を差し込み、糸を引出します。

(持ち手部分を割り箸で代用しています。)

 

持ち手を包むようにして、向こう側の糸を引き出します。

作業は細編みと同じですが、途中で持ち手を包んでいます。

少しきつめに編んだ方が、安定してバックとして持ちやすくなると思います。

 

裏地のつけ方

裏地を付ける前に、糸始末をしてしまいます。

次に、底の円の大きさと、バックの高さと周りの長さを測ります。

 

布の裁断

簡単なパターンなので、布に直接チャコペンで描いてしまっても大丈夫です。

パーツは2つです。

縫い代として1cm位大きく裁断していきます。

 

縫製は、手縫い(細かい波縫い)でも、ミシンでもどちらでもOKです。

 

手順

➀パーツ1を わ にするように縫い合わせます。

②次にパーツ1の小さい方の円と、パーツ2を中表で縫い合わせます。

③パーツ1の大きい方の円を、出来上がり線に合わせてアイロンで折り目を付けます。

④ニットバックの中に裏地を入れて、1cmひかえて、手でまつり止めていきます。

 

完成

完成しました!

裏地は、ニットバックの裂き編みに使った布を使っているので

統一感がでました!

裏地を付けたことで、編地の伸びを気にせず使うことが出来ます。

小さめのバックですが、ちょっとだけお出かけしたいときに重宝しそうです。

違う布や糸を使ってニットバックを作りたいと思っているので、

またこのブログで紹介したいと思います。

 

それではまた次回!

The following two tabs change content below.
服部あいこ

服部あいこ

文化服装学院ニットデザイン科卒。編み物はもちろん、ワークショップや工芸体験などものづくりが好きです。よろしくお願いします!

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • facebook
  • Instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
かぎ針 手編みの帽子 仕上げ工程で綺麗な形に

こんにちは! 先日までお盆休みをいただき、地元に帰省をしてきまし

ガーター編み 端の始末の仕方

アルパカさんも今年の夏は暑いと感じていそうな顔に見えました。 さて、

まるやす夏市、ありがとうございました。

こんにちは、赤石です。   先週末、毛糸とニットの大

コンニャク加工糸で暑い夏を乗り切ろう

  こんにちは~。皆さんお元気ですか?私は口を開けば「

夏こそボーダー!かぎ針の、色の切り替え方

こんにちは。 夏でも冬でもボーダーが大好きですが、 やっぱり夏