*

目立て増減目? ファッションマーク? 完成度に差がつく技法

こんにちは

今回はセーターに入っているニットならではの目立ての技法についてご紹介したいと思います。

 

手編みのセーターを作る際には端で減らし目をすることが多いと思いますが、セーターをみるとアームホールや衿ぐりなどにファッションマーク(編み目の目移しによって出来たマーク)があると思います。

これはカットせずに編み立てることが出来るニットならではの特徴でもあります!!

 

お持ちのセーターのほとんどがこの様な見え方の物が多いと思います。

 

上がメリヤス編みで下がリブのセーターのアームホール部分の写真になります。

目を立てて減らし目をしています。

減らし目をしたり目を移した跡を業界ではファッションマークと言います。

手編みのセーターを編む際には端で減らし目をすることが多いですが、上記の写真のように目を立てて増減することも可能です。

端の目はそのまま編み内側で目を減らすことによってこのような端の目がたったように編むことが出来ます。

端の目を立てることによって、接いだ後が綺麗にみえたり、接ぎもし易くもなります。

このように端の目を立てることにより綺麗に見え既製品のような仕上がりになります。

ちょっとした技法を取り入れるだけで作品の完成度がぐっとあがります。

編み目の動きが分ければ容易に出来る技法です。

端だけでなく中間で目を立てながら増減すればデザインにもなります。

是非手編みのセーターを作る際に取り入れてみて下さい。

それではまたよろしいお願いします。

The following two tabs change content below.
向山

向山

こんにちは 趣味は土いじり毛糸と自然をこよなく愛する向山です。 よろしくお願いいたします。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • facebook
  • Instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ニット帽子 おさえておきたい作りのポイント

急に寒くなりをクローゼットからセーターを引っ張り出している方も多いので

かぎ針で作る、細編みくるみかごバック|Part.1

  こんにちは、赤石です。 最近100円均一シリーズ

編み物本のアイテムを自分サイズで編む

  はじめまして。新しくニットラボのメンバーになりました小

結ぶだけで簡単に出来る シャギーラグ

こんにちは日が暮れるのが早くなりましたね。早めに冬支度を始めています

ニットの編地でつくるオリジナル包み釦

  こんにちは、赤石です。 週末髪を切りましたが、周