ポリエステルとナイロン(ポリアミド)の違い

はじめまして

はじめましての方もそうでない方も、

こんにちは!(^-^)/

七月に入り、自転車で通勤後は汗でビチョビチョ 😳
タオルと汗拭きシートが必需品の、ニット糸を販売する会社2年目のやっしーです!!

まだまだニット知識が浅い私は、読んでいただいている皆さんの振り返りになるような、
ニットに対する素朴な疑問とアンサーを発信していきますのでよろしくお願い致します☆★

 

では、さっそく、、
やっしーが抱くニットへの疑問シリーズ

という事で、

先日疑問に感じた、ポリエステルとナイロンのちがいについて調べた事をレポートします☆

 

ナイロン(ポリアミド)について

ポリ

まずは、スポーツウェアやカーペット、更には漁網にいたるまで様々な場所で活躍する
ナイロンの特徴から(^_^)v
ポリアミドは摩耗や折曲げに対して強く、染色しやすいのが大きな特長です。
他にも、
水にぬれてもほとんど水を吸わないので速乾性が良い。(洗濯が可能)
弾力性に富み、しわになりにくい。
形くずれすることはほとんどありません。
薬品、油、カビ、虫に強く、漁網にもなるので、もちろん海水にもおかされません。

とーーーっても強い素材なんです 😀

 

ポリエステルについて

続いて、化学繊維の中で最も多く生産されている
最もポプュラーな化繊、ポリエステルの特徴です☆

ポリエステルも
非常に強く、しわになりにくい、速乾性がある、薬品に強く、虫やカビの害を受けず、
形くずれしない。
ですが、ナイロンと比べると染色性が低いという欠点があります。

 

んん??

じゃあ、ナイロンの方が優れている??

いえいえ、そんな事もないんです!
製品にした時に大きな違いがでます。
ポリエステルはポリアミドよりも張りや腰があるんです(^ε^)

この違いは実際に触って確かめてみてください☆

因みに

カチオン加工でポリエステルを改質することにより、
鮮やかな色に染められるようにすることもできます。

しかし、ハリと腰が若干失われてしまいます。。

まさに天は二物を与えずですね!!
素材の長所短所をよく理解して選んでいきたいですね☆
ではでは、この辺で☆
今回もありがとうございました!
また、次回もよろしくお願い致しますo(^▽^)o

The following two tabs change content below.
ニットラボ 編集部

ニットラボ 編集部

日本で一番ニットが好きな私たちが、ニットを楽しむための情報を発信しています。着て楽しむニット、編んで楽しむニット、見て楽しむニット、集って楽しむニット(編み物)などニットの楽しさはたくさんあります。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね