初心者のための棒針編みの始め方|ストライプ(縦縞)の編み方

8

こんにちは、鈴木です。

こちらのブログでは、初めて編み物に挑戦する方でも分かりやすいように基本的な棒針での編み方をご紹介しています。以前はボーダーの編み方について書いたので、今回はストライプ(縦縞)の編み方を紹介します。
編み物初心者の方で「配色や柄は難しそう…」と思っている方もいるかもしれませんが、意外と簡単にできる編み方なので初めての方もぜひ挑戦してみてください!

ボーダーの編み方はこちら → 初心者のための棒針編みの始め方|ボーダーの編み方

糸を分ける

今回はメリヤス編みでA:オレンジとB:黒のストライプを編みました。
オレンジ・黒・オレンジのストライプ柄を編む場合、2つのオレンジ部分に使う糸は別々の毛糸玉でないと編めないので、オレンジの毛糸を2玉に分けます。

表目:配色A → 配色Bへの切り替え

色を切り替えるところまでオレンジの糸で編みます。

1

次に編む黒の糸が上になるように糸を交差させます。

2

そのまま黒の糸で編みます。

3

 

表目:配色B → 配色Aへの切り替え

オレンジ色に切り替える時も、先ほどと同様に糸を交差させてから編みます。
(この時に使用する毛糸玉は、先ほど使用したオレンジの毛糸玉とは違う方になります。)

4

 

裏目:配色A → 配色Bへの切り替え

色を切り替えるところまでオレンジの糸で裏目を編みます。

5

次に編む黒の糸が奥にいくように糸を交差させます。

6

そのまま黒の糸で編みます。

 

裏目:配色B → 配色Aへの切り替え

オレンジに切り替える時も、先ほどと同様に糸を交差させてから編みます。

7

ストライプ柄を表から見た編地

8

こちらも、幅や長さをお好みに調整したらストライプのマフラーを編むことができます。いろいろな色を組み合わせて編むとよりオシャレな柄になりそうですね!

作り目や伏せ止め、メリヤス編みの編み方などは他の記事で紹介していますので、ご興味がある方はブログトップの記事検索から「初心者のための」と検索してみてください!(※かぎ針の記事もあります。)
それでは。

The following two tabs change content below.
ニットラボ 編集部

ニットラボ 編集部

日本で一番ニットが好きな私たちが、ニットを楽しむための情報を発信しています。着て楽しむニット、編んで楽しむニット、見て楽しむニット、集って楽しむニット(編み物)などニットの楽しさはたくさんあります。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket