ニット特有の「リンキング」がよく分かるまとめ

こんばんは、ニットラボの鈴木です。

皆さまは「リンキング」というニット特有の縫製方法についてご存知ですか?
今日はそのようなニットの生産過程の一部をご紹介したいと思います。

布帛とニットの違い

布帛でできた製品は、それぞれ裁断したパーツ(前身頃、後見頃、袖など)をミシンで縫い合わせて1枚の製品が出来上がります。
一方、ニット製品は編み上げたパーツを「リンキング」という特殊な方法で繋ぎ合わせているのです。

そのリンキング機がこちら。

3

一目一目編目をかけて繋ぎ合わせていきます。

4

ミシンの縫製と違う点は?

ミシンの縫製は2枚の生地を重ねて縫い合わせますが、ニットのリンキングは編目のループ一つ一つに糸を通してつなぎ合わせています。

表はミシンの縫い目のように見えますが、
裏はチェーンのようになっています。


1


2

リンキングの特徴

そしてリンキングにはたくさんの良い点があります
例えば…

①ループとループを繋ぎ合わせるため、縫い代がなくスッキリと仕上がります。
②ニット独特の伸縮性が保たれます。
③編目を数えてリンキングできるため、柄合わせがきれいにできます。

人の手で行われるリンキング

何よりも驚きなのが、基本的にリンキングは人の手によって行われているということです。

ある工場でリンキングをしている様子

5

いかがでしょうか?
普段何気なく着ているニットもこんな方法で作られていたのです。
人の手を介して作られるニットは温もりを感じますね。

それでは♪

The following two tabs change content below.
ニットラボ 編集部

ニットラボ 編集部

日本で一番ニットが好きな私たちが、ニットを楽しむための情報を発信しています。着て楽しむニット、編んで楽しむニット、見て楽しむニット、集って楽しむニット(編み物)などニットの楽しさはたくさんあります。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket