アクリルは安物だって思い込んでませんか?

こんにちわ☆
イベント盛りだくさんの暑い夏が終わり、、
少し寂しい気持ち、、、

それでも絶好調のニットラボのヤッシーです!(^^)/

バーベキュー、海、キャンプ、夏祭り、花火大会、

みなさんの夏はどうでしたか?

エンジョイできましたか??

もちろん、エンジョイしましたよねー☆

さて、
涼しくなり秋を感じる今日この頃、

すでにセーターを押入れから出された方も居るのではないでしょうか?

今回のブログは、
これからの季節が出番のセーター
に多く使われている合成繊維アクリルについてです。

質問です

みなさんはアクリルにどんなイメージを持っていますか?

安物、すぐ毛玉ができる、、、

などなど、あまり良いイメージは湧いてこないのではないでしょうか?

確かにウールなどよりもコストが低く、静電気と摩擦の関係で毛玉もできやすいです。
※毛玉の上手な取り方は次回のブログでご紹介しますね

デメリットだけではありません、大きなメリットもあるんです。

まずは、安物のイメージの原因を紐解きます。

なぜ安物のイメージ??

戦後、ウールが高価だった時代に、
その代替えとして当時、安価だったアクリルが多く出回った事により
アクリル=安価=安物というイメージが着いたと言われています。

特に日本では安物なイメージが強い気がします。

なぜなら、

海外の友人に聞いたところ、イタリアではアクリル=安物のイメージは無いとの事だったからです。

では、アクリルのメリットは?

いよいよ、アクリルさんの反撃です。

アクリルの大きなメリット

アクリルのメリットは、

軽い、柔らかい、速乾性、耐光性に優れるなどありますが、

中でも他の繊維を圧倒しているのが、発色性の良さです。

akuriru zou アクリル色

アクリルの発色性は、このように群を抜いて鮮やかな色を表現することができます。

最後に

全ての素材にメリットとデメリットがあり、個人の好みもあります。

なので、

『アクリルは安物のイメージがあるから着たくなーーい』

なんて毛嫌いせずに、その鮮やかな色と柔らかさを手にとって
感じてくださーい☆

それでは、また次回もよろしくお願いしまーす!!

The following two tabs change content below.
ニットラボ 編集部

ニットラボ 編集部

日本で一番ニットが好きな私たちが、ニットを楽しむための情報を発信しています。着て楽しむニット、編んで楽しむニット、見て楽しむニット、集って楽しむニット(編み物)などニットの楽しさはたくさんあります。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket