*

Punto D’oro.パリ展示会の出展と2016年秋冬ニットの紹介

8

こんにちは、鈴木です。

このブログを書いているメンバーが勤めている会社が立ち上げた「Punto D’oro.」というニットブランドで、9月29日~10月2日までパリの展示会「PARIS SUR MODE」(パリ・シュール・モード)に出展してきました。
今回はそのレポートと、現在店頭に出ているPunto D’oro.のオススメ商品を紹介したいと思います!

「PARIS SUR MODE」(パリ・シュール・モード)への出展

今回は2016年9月29日~10月2日の4日間、2017年春夏向けのニットの展示をしてきました。

展示会会場の入り口

Punto D’oro.は2017年春夏もインディゴニットを中心に展開しています。

9

インディゴニットは着用していくうちにデニムのような色落ち感が出て、その色落ちによる経年変化を楽しむことができます。(※インディゴニットについて詳しく書いたブログはこちら

日本では「色落ち」と聞くとマイナスな印象ですが、展示会にいらっしゃったヨーロッパの方々は「色落ちによって自分らしく変化を楽しめるから気にしない」という考えを持っている人が多く、日本とは考え方が違うんだなと感じました。
毎回展示会に出展するたびに日本と海外の文化や考え方の違いを発見できて新鮮です。

また、今回は着物のようにゆったりとした袖のデザインなど、和服をイメージさせるニットも数点出しました。最近外国では和食や日本の技術などの「和」がブームになっていることもあり、このような日本らしいデザインや、日本の和紙を使ったテープヤーンなどに興味を持ってくださる方が多かったです。
日本人だからこそ表現できるニットをPunto D’oro.から伝えていけることが嬉しいですね。

他の展示ブースのブランドも、どれもオシャレでした。

11

13

16

 

Punto D’oro.のオススメ商品

展示会は2017年の春夏向けでしたが、現在店頭に出ているのは2016年秋冬向けのニットです。
ぜひPunto D’oro.のニットを店頭で手に取っていただきたい!ということで、2016年秋冬のPunto D’oro.のオススメ商品を紹介したいと思います。

こちらはざっくりとしたケーブルのニット。何と手編みです!
手編みの場合は機械では難しい繊細な素材・複雑な編み柄も表現できることがあるので、デザインの幅がぐっと広がります。
1枚は持っておきたいニットらしいニットですね。

2

1

 

こちらは毛100%のニットです。
毛足が長くてふわふわとした風合いなのが写真からも分かります。
このニットはとにかく軽くて暖かい!ということが特徴です。

3
その素材を使用したニットコートです。
「片畦編み」という編み方がベースになっており、普通の「天竺」(平編み)よりも立体的で厚みのある編み組織になります。

4

こちらは「天竺編み」(平編み)で編んだ5分袖のニットです。
真冬はコートの下が分厚いニットだと暑すぎることがあるので、これくらいのボリュームだととても着やすいです。

5

Punto D’oro.の商品の取り扱いがある店舗

Punto D’oro.の商品を取り扱っていただいているお店の情報をホームページに載せています。
ご興味のある方は、ぜひこちらに直接お問い合わせください!

Punto D’oro. 取扱いショップリスト

Punto D’oro.の情報

Punto D’oro.ブランドから様々な情報をお伝えしています。
ブログではPunto D’oro.のオススメ商品やコーディネートのコツなども紹介していますので、ニット好きな方にはきっと楽しんでいただけると思います。
インスタグラムやFacebookでも、オシャレなニット情報を日々発信していますので、お気軽に「いいね!」していただけると嬉しいです。

ホームページ → http://www.puntodoro.jp/

ブログ → http://www.puntodoro.jp/category/blog/ja

インスタグラム → https://www.instagram.com/puntodoro/

Facebook → https://www.facebook.com/puntodoro/?fref=ts

今後もPunto D’oro.のオススメニットについてなど、様々な情報をお伝えしていきたいと思いますので、ぜひまたご覧ください!それでは。

The following two tabs change content below.
ニットラボ 編集部

ニットラボ 編集部

日本で一番ニットが好きな私たちが、ニットを楽しむための情報を発信しています。着て楽しむニット、編んで楽しむニット、見て楽しむニット、集って楽しむニット(編み物)などニットの楽しさはたくさんあります。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • facebook
  • Instagram
  • feedly
  • livedoor
  • rss
ニット帽子 おさえておきたい作りのポイント

急に寒くなりをクローゼットからセーターを引っ張り出している方も多いので

かぎ針で作る、細編みくるみかごバック|Part.1

  こんにちは、赤石です。 最近100円均一シリーズ

編み物本のアイテムを自分サイズで編む

  はじめまして。新しくニットラボのメンバーになりました小

結ぶだけで簡単に出来る シャギーラグ

こんにちは日が暮れるのが早くなりましたね。早めに冬支度を始めています

ニットの編地でつくるオリジナル包み釦

  こんにちは、赤石です。 週末髪を切りましたが、周