絶対焼かない!折りたたんで持ち運べるニット帽子の編み方紹介します

20160620_190631

こんにちは、ヒロエです。

先日旅行に行った時に、私は折りたためない普通のパナマ帽をかぶってましたが、友達は旅行の時には邪魔に成るので、絶対折りたためる帽子を選んで持ってくると言ってました。

確かに移動の時など折りたためるのは本当に便利だなぁ~と憧れたので、さっそく帽子を編む事にしました。

 

目次

  • 帽子のトップ~サイドを編む
  • 配色でリボン風に編む
  • つば部分を編む
  • ベルト通しを付ける
  • まとめ

 

帽子のトップ~サイドを編む

ナチュラルの糸を2本とりで、糸端を輪にして作り目をします。

20160618_103646

 

 

7号針に糸をかけて引き出して、輪の中にこま編みを8目編みます。

20160618_103857

 

 

 

1目目のこま編みの頭に針を入れる。

20160618_104414

 

 

 

針に糸をかけて引き抜いて、1段が編めました。

中心の穴が大きく開いているので、作り目の糸端を引っ張って穴を小さくして下さい。

20160618_104636

 

 

 

2段目からは立ち上がりをつけずに増し目をしながらグルグルとトップを編みます。

1段…1目編んで1目にこま編みを2目編んで増し目の繰り返し8目→12目

2段…2目編んで1目にこま編みを2目編んで増し目の繰り返し12目→16目

3段…3目編んで1目にこま編みを2目編んで増し目の繰り返し16目→20目

これを繰り返して…

20160618_105556

 

 

 

8目→12目→16目→20目→24目→28目→32目→36目→40目→44目→48目→52目→56目→60目→64目

このように1目ずつ編む目を増やしながら15段64目に成ったらトップの出来上がりです。

20160618_115150

 

 

 

半径8.5cmに成りました。

自分の頭のサイズに合わせて編んで下さい。

同じ目数でも編み上がりが緩い人、詰まってしまう人と仕上がりのサイズが変わるのでかぎ針のサイズを調整したり、目数、段数を変えて下さい。

20160618_124021

 

 

 

サイドは増し目をしないで64目で10段編みます。

ボウルのように脇が立ち上がってきました。

20160618_141248

 

 

 

配色でリボンが付いている風に編む

帽子をかぶった時に配色のリボンが付いているようにネイビーの糸に切り替えて

20160618_145854

 

 

2段ネイビーを編んだら、ホワイトの糸に切り替えて

20160618_170843

 

 

4段ホワイトを編んだら、またネイビーの糸に切り替えて

20160618_174342

 

 

配色のリボンが付いてる風にサイドが編み上がりました。

20160618_175709

 

 

 

つば部分を編む

つばの部分はナチュラルの糸に切り替えて、毎段7目増し目をしながら10段編みます。

64目→71目→78目→85目→92目→99目→106目→113目→120目→127目

 

20160618_184352

 

 

編み終わりは、引き抜き編みをして

20160618_213745

 

 

最後の目を輪に通して解けないようにして

20160618_213720

 

 

裏側に糸を通して、目立たないように糸始末して下さい。

20160618_213950

 

 

これで平らで5cmのつばが編み上がりました。

20160627_125923

 

 

 

ベルト通しを付ける

ネイビーの糸で8目鎖編みで作り目をして12段編みます。

20160619_000341

 

 

 

今回立ち上がりをしないでグルグルと編んだので、色切り替えした部分が目立つので、その部分を隠すようにベルト通しをニット針(太めのとがってない針)共糸で目立たないようにとめ付けます。

20160619_001251

 

 

上下とも同じようにつけて下さい。

20160619_002213

 

 

出来ました!!軽くて125gで仕上がりました。(ナチュラル105g/ネイビー10g/ホワイト10g)

20160627_200014

 

 

 

まとめ

和紙100%で軽くて柔軟性のある素材なので、折りたたんでも大丈夫。

20160619_163250

 

 

電車に乗る時、食事をする時など折りたたんでバックの中にしまって、いつも持ち歩けます。

 

20160627_125644

 

 

 

先日編んだクラッチバックとお揃いでコーディネートしました。

20160622_125747

 

 

 

 

さらっとした糸なので、編んでいても疲れない&夏の暑い日にかぶるのにも、持つのにもお勧めです~

お揃いのニットクラッチバックの編み方はこちらを、ご覧ください。

夏にお勧め針葉樹パルプペーパーヤーンで編むニットクラッチ

今回使用した針葉樹パルプペーパーヤーンに興味のある方はこちらをご覧くださいませ→60ろくまる

 

まだまだ夏ニット小物編みたいものが沢山有るので、次は何を編もうかな~と考え中です。

また次回よろしくお願いします^_^

 

The following two tabs change content below.
廣江 幸子

廣江 幸子

ニットラボのヒロエです。 文化服装学院でニットを学び、糸とニット製品を作る会社で働いてます。 ブログをきっかけに、久しぶりに手編みをしたら楽しくて、簡単ニット小物にはまり中~♪ ブログを見て、ニットに興味をもって頂けると嬉しいです(*^^*)

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket