天然石が原料の繊維【石綿】とは

プレゼントみなさんこんにちは。ヤッシーです!!
気温が下がり、いよいよニットの季節に入りましたね。みなさんは編み物していますか?クリスマスに向けて大切な人へのプレゼントを編み始めた方もいるのではないでしょうか?
私は子供へマフラーを編んでみようかと思っています!!そろそろ編み始めないと間に合わない?!

それでは本題に入ろうと思います。

今回は番外編として、ニット用としては使われていないその他の繊維をご紹介していきます。まずは表題の石綿です。

石綿

その他の天然繊維

・石綿
石綿とは、ある種類の天然石が変化して繊維状になったものです。聞き覚えのある呼び方だと【アスベスト】と呼びます。
非常に耐熱性が高く、防災服や工業用の耐熱部品またはセメントに混ぜ、建築材料などに使われてきたのですが、、、、
発癌性のあることが判明し、現在は使用規制されています。

・カポック
東南アジアのカポックの樹からとった繊維です。繊維内に空気を多く含んでいるのが特徴で、軽くて暖かく、弾性があるので、布団やまくら、航空機などの救命用具に使われています。

無機質繊維

・ガラス繊維
普通のガラスと同じ原料から作った繊維で、長繊維と短繊維があります。熱や電気の絶縁性に優れ、また、まったく燃えないようです。
不燃カーテン、防音や断熱材、熱を通さないので保温材として使われています。特殊な用途としては胃カメラなどにもにも使われています。

・金属繊維
金、銀、アルミニウムなどを加工した糸です。用途は装飾用です。そのほかに、カーペットに織り込んで、帯電防止の役割をさせるものや、耐熱性を活かして宇宙航空資材にも使われているようです。

・炭素繊維
セルロース繊維、アクリル繊維などを炭化させた繊維です。非常に耐熱衝撃性に優れ、宇宙航空をはじめ工業用につかわれている最先端の複合繊維です。今はやりのハイブリッドですね☆

 

最後に

いかがですか?編み物には使われない繊維なので、あまり聞きなれない繊維だったのではないでしょうか?
他にもたくさんある繊維。海藻類からできる、アルギン酸繊維なんていうのもあるみたいです。
編み物とは無縁の繊維かもしれませんが、何かの参考になれば嬉しいです!!

また次回も宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
八嶋 祐輔

八嶋 祐輔

こんにちわ、丸安毛糸株式会社の絶好調八嶋ことヤッシーです★ニット素材の特徴や、季節に合った素材の紹介をしていきます!!このブログがニット選びのヒントになれれば嬉しいです。よろしくお願い致します(^^)v

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket