アクリルってこんなに万能だったの?!その特長とは

秋の空

みなさんこんにちは。やっしーです!!

夜は涼しく、空気の匂いも変わり、ずいぶん秋らしくなりましたね。秋と言えばみなさんは何を思いつきますか?
私は、秋と言えば月見バーガーが真っ先に思い浮かびます。

皆さんは月見バーガー好きですか??

さて、本題です。

今回はアクリルの特徴について書いていきます。

アクリルは安物!!というイメージを払拭した、今もなお好評のブログはコチラ↓↓

【アクリルは安物だって思い込んでませんか?!】

読んでいただけましたか?どうですか?アクリルのイメージが少し変わりましたか?

それでは、アクリルの特徴を掘り下げていきましょう☆

アクリルの特徴

・かさ高でソフトタッチ
ポリエステルをコットンタイプ、ナイロンをシルクタイプとすると、アクリルはウールタイプの繊維です。
ふっくらとして柔らかく、弾性や保温性が良いなどウールに近い風合いをもっています。

・軽くて暖かい
ウールやポリエステルより軽く、かさ高なので空気を多く含み、暖かいです。因みに繊維には手触りが冷たいものと暖かいものがありますが、アクリルは温感が高く、暖かいタッチをもっています。

・手入れ、保管が楽ちん
アクリルは日光に強い。ほとんどの繊維が紫外線を浴びると、強度が低下したり、変色したりしますが、アクリルはほとんど変わりません。
また、ほとんど水を吸わないので洗ってもすぐに乾き、酸やアルカリなどに強く、虫やカビに侵されないので手入れも楽ちんです。

最後に

アクリルのいいところはまだあります。今回書いてある以外にも発色性が良いとか、熱可塑性が良いのでプリーツがつきやすいなどなど。
素材のメリットデメリットを使い分けて使用するのが大切ですね☆

では今回はこの辺で、また次回宜しくお願い致します

 

 

 

The following two tabs change content below.
ニットラボ 編集部

ニットラボ 編集部

日本で一番ニットが好きな私たちが、ニットを楽しむための情報を発信しています。着て楽しむニット、編んで楽しむニット、見て楽しむニット、集って楽しむニット(編み物)などニットの楽しさはたくさんあります。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket