ミシンは不要!ニットのボタンホール~手縫いでつくる~

こんにちは、赤石です。

ニットのボタンホールの作り方を紹介 第3弾です。

今回は、編みで作るのではなく、手縫いでボタンホールを縫ってみました。

ニットならでは!網目を広げればホールになる

ボタンホールを網で開けると、ある程度大きなボタン用になりがちです。
使いたいボタンが小さいとき、糸が太くてゲージが大きければ、編み目をそのまま使えます。
ちょっと広げちゃえばボタンくらい通っちゃうんですよね。

IMG_2240

 

普通の天竺目。
穴をあけたい場所、どこでもOKです。
少し目を引っ張って穴を広げておきます。

そのまま穴を固定するように縫ってみます。

まず、穴の周りの糸を縫うので、外側から針を出します。

IMG_2241

糸を引き出したら、そのすぐ横に刺します。

IMG_2247

引き出した糸は、輪の中を抜いて・・・

IMG_2248

IMG_2249

外側へ引っ張って締めると、外側に玉止めができます。

IMG_2250

これを繰り返して一周していくと・・・

IMG_2251

IMG_2252

 

玉止めで縫い目がそろうのできれいに仕上がります。

IMG_2255

 

仕上げワンポイント

でもまだちょっと隙間とか気になったので、縫い目の隙間に糸を一周通して引いてみると、

IMG_2254
さらに締まってきゅっとなりました。

裏側で玉止めして糸始末。

完成です!

IMG_2256

違う色にしてみるのも良い感じですね!
滑りがいい糸が縫いやすく、縫い目もきれいに上がります。

このホールだと伸びないので、厚みのあるボタンや、丸いボタンなどを使いたいときにもおススメ!

参考にしてみてください。ではでは。

The following two tabs change content below.
赤石 菜々子

赤石 菜々子

ニットラボの赤石です。 ニットと糸を作る会社で働いています。 奥が深くて、楽しいニットのことを書いていくので、楽しんでもらえたらと思います。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket