寒い冬の見方!かぎ針編み ルームシューズの作り方・編み方(画像付き)。


本格的に寒くなる前に、手軽に編める防寒グッズの作り方をご紹介します。
かぎ針編みの一番簡単な編み方でもある「細編み(こまあみ)」を使ったルームシューズです。編み物初心者の方でも編めるようなシンプルなデザインにしました。クリスマスやお正月のプレゼントにもおすすめ。
今回ご紹介するデザインは、白と黄色の2色を使用したルームシューズです。ボーダールームシューズ5KY

材料:極太毛糸 100g(白:50g 黄色:50g)
※ここでは 白色の毛糸→100g/120m:1/1.2番手 黄色の毛糸→100g/140m の糸を使用)
道具:10/0号かぎ針・とじ針・はさみ

 

**もくじ********************************

・つくり目をします。
・細編みをします。
・配色糸の切り替えます。
・編み上がりました!
・接ぎます。
・つま先を作ります。
・飾りを作ります。
・飾りを付けます。→完成


・つくり目をします。

つくり目を11目します。
つくり目が分からない場合は、初心者のためのかぎ針編みの始め方|持ち方と作り目を参照ください。

3-4

↓↓↓つくり目(11目)が終わったところです。赤丸が1目と数えます。

5A

・細編みをします。

↓↓↓つくり目に細編みを編みます。

6A

↓↓↓細編みが1目編めたところです。

7

↓↓↓細編みを1段編んだところです。

9

↓↓↓2段目を編みます。2段目は編地を裏返して(ターン)編みます。

10A

↓↓↓立ち上がりの鎖目を作ってから、2段目の細編みを始めます。

11A 12A

↓↓↓編み目を拾う時は必ず、2本拾います。2本で1目、1本で半目になります。

13A

↓↓↓細編みを2段編み終わったところです。(裏面です。)

14A

↓↓↓細編みを6段編み終わったところです。

15A
6段づつの配色切り替えですので、6段目が終わったら糸を切り替えます。

・配色糸の切り替えます。

↓↓↓玉巻きされている糸は、中から糸を取ると、スムーズに糸が取れます。

16A

↓↓↓立ち上がりの鎖目から配色を切り替えます。

17

↓↓↓配色を切り替えて、細編みを1目編んだところです。白い糸がたまっていたら、引いて下さい。

18

↓↓↓配色を切り替えて、細編み11目を1段編み終わったところです。

19

↓↓↓配色を切り替えて、細編み11目を6段編み終わったところです。

20

↓↓↓6段づつの配色切り替えですので、6段あんだら、同じように配色を切り替えます。

21

 

・編み上がりました!

お疲れ様です。編み上がりました。
編みあがった糸端は、接ぐ時に必要ですのでとっておいて下さい。
長さの目安は、接ぐ分の1.5倍くらいがよいでしょう。
編地が丸まってしまう方は、一度蒸気アイロンをかけると次の工程が楽になります。
22A

24cmのサイズで幅9cm、長さ50cm。
サイズの調節は、長さで行ってください。甲が高い方は、幅を10cmに大きくしてください。

24cmの場合:50cm
25cmの場合:52cm
26cmの場合:54cm

 

・接ぎます。

編みあがった編地を2つ折りにします。
赤線の底になる部分から接ぎます。※底になる部分が足の裏の部分になりますので、足のサイズに合わせて調節(編み足したり、編み減らしたり)をしてください。
23A

↓↓↓両端を2本づつ取ると、丈夫になります。足の底になりますので、丈夫に接ぎます。

24

キレイに仕上げるポイント!
↓↓↓配色の切り替え部分を必ず合わせましょう。また、配色時の糸の渡りも接ぐ時に巻き込みましょう。

25-26

↓↓↓接ぎ終ったら糸始末をします。糸は編地の間に3~4cm入れ込みます。

27

・つま先を作ります。

↓↓↓黒線の底部分が接げたら、次に赤線のつま先~甲になる部分を接ぎます。
28A

↓↓↓その前に、余分な糸を始末します。

29

↓↓↓つま先を接ぎます。図のように1本づつ(半目づつ)拾います。

30A

↓↓↓同じ目数なので、必ず同じ目数を拾いましょう。

31-32

↓↓↓同じ目数を拾うと、端がぴったり合います。

33

↓↓↓次に、赤線の甲の部分を接ぎます。甲の部分は、全体の4分の1まで接ぎます。
接ぐ糸はつま先を接いだ続きから行います。

34A

↓↓↓接ぎ終りました。黒線部分が接がれているか確認してください。

35A

↓↓↓つま先を作ります。編地を立体に起こします。
赤点部分を合わせて、止めます。糸はつま先~甲を接いた続きから行います。

36-37A 38-39

↓↓↓止めは3~4回繰り返して、丈夫に止めましょう。

40

・飾りを作ります。

↓↓↓ここでは、リボン(ひも)付タイプを作ります。ひもは2種類の糸を引きそろえて、鎖編みを50目します。
両端を片結びします。

41-42

・飾りを付けます。→完成

飾りを付けます。リボン(ひも)はリボン結びにします。
お好みで、ボンボンをつけるのもかわいいですね。

43-44A

アレンジ

単色でつくると、こんな感じになります。お好きな毛糸でぜひ作ってみてください。
色違いで編んで、揃えてもかわいいです。
↓この糸は、「ツイードバルーン20」です。60ろくまるネットショップで購入できます。

ぜひ、作ってみてくださいね。

The following two tabs change content below.
大久保 千聖

大久保 千聖

文化服装学院ニット科卒。ニットの会社で働いています。 編み物って楽しいですよね♪編み物の楽しさを多くの方に知って頂き、編み物の楽しさを広めたい!と手芸ブランド「60ろくまる」をスタートしました。趣味はもちろん編み物。ほかにステンドグラスを作ったり、頻繁に旅行に出かけます。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね