ニットの袖口をキュッと縮める方法

 

 

 

こんにちは、赤石です。

 

今回は、ニットの袖口を縮めてすっきりさせる方法を書きたいと思います。

 

 

最近はゆったりとしたシルエットの洋服が多いのですが、腕まくりをしたときにゆるくて下がってきてしまったりしたことはないでしょうか?

あと、気に入ってたくさん着ているとどうしても伸びてきてしまったりしますよね。

ニットなので洗ったりアイロンで整えると縮むこともありますが、今回は根本的に袖口を狭くする方法をお伝えします。

 

 

 

その方法とはずばり、【袖口を縫いこんで狭くする】です!

 

 

 

袖口を縫い込む方法

では早速縫い方を説明します。

 

糸は比較的滑りやすいミシン糸か刺繍糸が良いと思います。

負荷が1点にかかるとニットの方の糸が切れたりするので刺繍糸くらいが良いかな。

 

毛糸でも良いんですけど、滑りにくいと最後に閉じる時引っかかったり毛糸が弱いと切れてしまいます。

 

 

 

ちょっと手首より広い袖口をぴったりさせたい。。。

 

縫う場所は、手のひら側のニットの接ぎ目に沿わせます。

 

 

 

まず、接ぎ目のところに糸を入れ、少し外側に出します。

写真のように玉結びだけだと小さくて取れやすいので、ニットに結びつけるように何度かそこを縫うと固定しやすいです。

 

出したところからニットの接ぎ目を挟んで反対側に針を入れ、そのまま少しニットをすくって縫います。

 

 

 

もう一度反対側に針を入れ、左右対称に縫います。

 

 

 

ニットの接ぎ目に対して対称に縫ってください。

 

 

最後はこんな感じになります。

 

袖口まで縫い終わったら、あとは糸を引っ張っていきます。

 

 

引っ張り終わって、、、

 

縫ったところが閉じたら最後は縫い終わりを結び、しっかり固定して完成!

意外と目立たないですよね。

 

縫い込まれた分、袖がタックみたいに寄ってしまいますが、内側なので着てみるとそれも意外と気にならないのです。

あんまり大幅に縫い込むとちょっと無理がありますが、なんとなく馴染んでくれるのがニットの良いところ。

 

 

縫う前と縫った後で比べると結構変わりましたよね。

 

縫う前

縫った後

 

 

腕まくりが出来なくて困っているニットに試してみてはいかがでしょう?

The following two tabs change content below.
赤石 菜々子

赤石 菜々子

ニットラボの赤石です。 ニットと糸を作る会社で働いています。 奥が深くて、楽しいニットのことを書いていくので、楽しんでもらえたらと思います。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket