かぎ針の畝編みで出来る ゴム編む 

かぎ針編みはかっちりした伸縮性の無い編地になりがちですが、棒針で編むゴム編みに似た伸縮性のある編み地を作る事が可能です。
今回はかぎ針で出来るゴム編みのご紹介です。

 

まず、編み方ですが畝編み(うね編み)をします。

 畝編み(うね編み)

鎖目の向こう側の目を拾う編み方です。

記号図は畝編みもすじ編みも同じですが、
違いは 畝編みは1段ごとに編み地を回して編み、すじ編みは編み地を回さずにいつも同じ方向に編みます。

かぎ針で編む ゴム編みの編み方

まず、必要なゴム編みの長さの鎖編みをします。ゴムの長さになります。

2段目は、一目立ち上がり鎖編み目の後ろ側(裏山、何でか私はこの目の事をおしりと言っております)を引き抜き編みをします。

全て引き抜き終えるとこんな感じになります。 メリヤス編みっぽいですね!!

次の段は 1目立ち上がり、
鎖目の向こう側を常に拾って引き抜き編みをします。次の段からも鎖目の向こう側を拾い引き抜き編みをするの繰り返しです。

編み進めるとこのような編み地になります。
見た目は棒針で編んだようなゴム編みに非常に似ている仕上がりです。

伸縮もします!!棒針で編むよりとてもしっかりした編地です。畦(イギリスゴム)編みのような感じ

引き抜き編みなので時間はかかりますが、部分的に使うには良いかと思います。
棒針でゴム編みを編むと緩くなりがちですが、かぎ針を使えばしっかりしたゴム編みに仕上げる事も出来ますね。

 

応用編

応用編というか基本の畝編みなのですが、引き抜きを細編みに変えてみました。 編み時間はとっても早くなります(^-^)

中長編みや長編みに変えてみても、凹凸の有る編地に仕上がりました。畝編みの畝はこの見え方から付けられたのでしょうね。

かぎ針編みで編んだゴム編みの上に棒針で拾い目をしてメリヤス編みを編んでみました。
引き抜きをしたゴム目は、棒針でゴム編みを編んでいるように見えますね!

袖口の仕上がりイメージはこんな感じ。棒針で編むより肉厚でしっかりしたリブの仕上がりです。

 

 

とてもしっかりした編地になるので、ゴム編みの付属のように部分的に使用しても良いですし、畝編みはメンズ物にも適している編地かなと思いました。

それではまたよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.
向山

向山

こんにちは 趣味は土いじり毛糸と自然をこよなく愛する向山です。 よろしくお願いいたします。

ニットのウィキペディアKNIT LABOの公式アカウント

  • facebook
  • プント ドーロインスタグラム

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket